2017年06月

     今日から3日間一般質問が始まりました。土日を挟んで来週の19日(月)、20日(火)まで。6人、6人、5人です。午前9時半から始まり午前中は2名が質問しました。
     議会事務局の職員が、休憩後の再開時間をこのボードで案内してくれます。市役所1階のテレビで傍聴する方の為にです。ボードの端に6月の花「紫陽花」をみつけました。何気ない所にも季節感があり嬉しいです。
     29年6月
     ハプニングというにはとても残念なことが起こりました。トップバッターの山田けんたろう議員の質問の画像撮影が出来ませんでした。え?60分の時間を一生懸命質問した動画がない!そこで、皆で考えて、今議会は全員が音声だけを議会HPにのせようなどという意見もでました。しかし、山田けんたろう議員から、「僕の為に16人の議員に迷惑をかけるのは申し訳ないから」という申し出により、彼だけ音声に合わせた「静止画像」という方法になりました。山田けんたろう議員の日頃の活動を拝見していると、ほんとうに彼のお人柄がにじみ出てくる決断でした。「けんたろうさん、ありがとうございます!」私たちには笑顔で応えてくれましたが本当に残念なお気持ちではないかと察しています。

     先期まで議長であった伊藤祐司議員も質問に立ちました。IKEAに対する諸課題について・・は私と同じですが視点は違います。私は大きな関心を持って聞きました。伊藤議員の地元地域にIKEAが来るので、地元の皆さんの切実な課題を取り上げ、市民の視点に立った質問で「なるほど!」と、首を縦に振りながら関心しながら聞かせていただきました。終わった後、伊藤議員から「続きは大島さん。頑張ってね!」と言われ、責任重大!伊藤議員のように上手くできるかなあと不安になりました。

    楽しみは、お昼ご飯です。シルバーさんのお食事処、喫茶店からの出前、コンビニのお弁当など、・・その日の気分で会派を組んでいる上田議員と会派室で食べます。今回の質問日は来週の月曜日という同じ日になってしまったので、お互いに意見交換しながら食事後もパソコンに向かいました。
     (会派室の上田議員。・・撮影は私。)
     29年6月②
     
     周辺の自治体議会には立派な会派室がありますが、長久手市の歴史から考えると随分と改善してきていると思います。歴代の議長や議員の仲間のお蔭です。ありがとうございます。

    毎日の外出には、自宅マンション横の梅畑の前を通ります。市街化区域に残された数少ない畑を私はとても貴重と思っています。今年も大粒の梅がなりました。しかし、収穫から漏れた梅が沢山落ちて黄色くなっています。「もったいないな!」といつも思っています。時々ご近所さんとすれ違いこの梅が話題になります。ご近所さん皆さんが「この前を通る人は誰でも、モッタイナイと同じ気持ちで眺めて通るよ~」と言われます。
     29年6月梅畑
    これだけの梅で一体どの位の梅酒がつくれるかな~などと、ふっとおもったりします。

    10月にオープン予定と聞いているIKEAの建設現場へいってみました。質問原稿はだいたい書いたので現場の状況と合っているか確かめて最終のまとめをしたいからです。
     IKEAの敷地のすぐ北側には水田が広がっています。すぐ横は駐車場の出入り口です。
     29年6月イケア①
     IKEA北側の駐車場。ここは、瀬戸市、尾張旭市など尾張東部の来客が利用するのかな。
     29年6月イケア②

     29年6月イケア③

     リニモ公園西駅から横断歩道橋で直接入店可能。広い敷地のためか駅が小さく見えます。
      BlogPaint

     IKEAは家具やさん。リニモで来店して宅配便で家具を自宅へ配送してもらう。
      BlogPaint

     建設現場を見ながら、渋滞対策のためには「車で来ない」で「リニモ」を利用する。大きな荷物はIKEAが地域貢献策としてリニモ利用者の買い物は無料での配送サービスを行う・・などと、色々とアイデアが浮かんできました。

     来週月曜日の質問を前に少し考えを整理できて、現地を見にきて良かったな!と自己満足しました。*・゜゚・*:.。..。.:*・゜ *・゜゚・*:.。..。.:*・゜

     本会議終了後、オーケストラのチケットを有効活用してくれるという友人のお宅をたずねました。市内の東部で田園地帯が広がる「里山」地域です。そこで不思議な芝生を見ました。
    (不思議な芝生・・)
     29年6月芝生
     ☀お日様に照らされている芝生に濃いグリーンの帯が走っています??彼女の話によると、ご主人が肥料を持って畑に行くときにこの芝生を通ったそうです。肥料の袋に穴が開いていてそこから少しずつ肥料が芝生上にこぼれ落ちたとか。私は肥料の効果で青々となった芝生の正直な反応に驚きました。

     午前の本会議では2つの議案に対して質疑を行いました。
    275㎡以下のグループホームにはスプリンクラーの設置義務はなかったのですが、消防法が改正されて延べ床面積に関わらずスプリンクラーの設置が今年度末までに義務付けされました。その費用が国の補助金100%406万円を市が受けて市内のグループホーム一か所に全額交付するということです。しかし、9室という小さなグループホームは他にもうⅠっか所あります。2つの対象施設があるにもかかわらず1社のみを選んだ理由をたずねました。答弁は、他の施設は自前で設置するから・・というものでした。(??)

    3月の予算議会で市が弁護士を1名採用することがわかりました。弁護士は当面3年の任期付職員として採用するという事ですが、その給与が4号級=53万2千円という内容です。一般公募して採用しますが4号級で採用するという判断基準=物差しはどのようなものか。また一般行政職の部長級よりも高額な給与ではないのか・・ということを質問しました。
    答弁:採用するものさしは、経験と年齢である。給与は部長と同じかわずかに少ない。この一見普通の質問の中でわかったことは、既に予算が通った4月に公募したが応募者がなく、2回目の公募であったことがわかりました。弁護士を採用するにあたって、国家公務員の給与体系に準じたものに変更することが主旨ということでしたが、では、一回目の募集要項の給与はどうであったのか疑問に思いました。
     ※今回の初任給・・3号級(課長補佐級)=約790万円/年、4号級(課長級)=約880万円/年額
     議会最終日までに、もう少し調べて賛否の態度を決めようと思いました。 ○●○●○●○●○

     6月議会の初日、予定通り10時に開会して、会期を7月6日までの24日間と決めて「暫時休憩」に入り、前町長加藤梅雄氏とご縁のある議員は急いで喪服に着替えて葬儀場へ行きました。今日の中日新聞にも加藤梅雄氏の功績をたたえた記事がありました。
     BlogPaint
     斎場には今日も故人を偲ぶ多くの方々がきていました。職員は平日なので職務に専念しています。驚いたことに市役所のOB・OGの方々が本当に、実に大勢来られていました。私にとっても懐かしい人々です。長久手市は2005年に「愛・地球博」(愛知万博)の開催地となったため大村県知事もご本人が弔問に来られました。
     加藤梅雄前町長は本当に、本当に多くの方々に見送られて旅立っていきました。私もご縁を頂き30数年たっています。故人は文化の家、福祉の家、リニモ建設等々、長久手の都市基盤作りに一生を捧げた方だけに思い出は溢れるほどあります。棺にピンクの百合の花を納めさせて頂き最後のお別れをさせていただきました。
                   
     午後2時議会再会!最終日の採決では事業が間に合わない議案に対して質疑をし、委員会に付託され、その後委員会を傍聴しました。
    1つ目は文化の家大規模改修工事の機械設備改修工事の追加工事(約1700万円)の変更契約です。7月1日にリニューアルオープンするので明日採決しないと間に合いません。本会議と委員会で若干の意見は出ましたが委員会の採決は全員賛成でした。
    2つ目は農業委員会に関する法律が見直されて、農業委員会委員を「認定農業者等」で構成することによる議案です。本来ならば過半数の委員を認定農業者で占めなければなりませんが、出来ない場合は法律の施行規則を適用して認定農業者に準ずる人を4分の1として議会の同意を得るように変更しようとする内容です。
     市内に認定農業者は5者いるようですが、働きかけても結果的に委員になって頂けなかったそうです。その為準ずる人2名を含めて、議会最終日に委員の同意案件を上程します。このために、この議案も明日採決することになりました。

     議会開会→暫時休憩→告別式→議会再会→本会議→委員会傍聴・・夕刻家に着いたときは、1日が2日間だったような不思議な気持ちに襲われました。夜は明日の議案質疑を整理まとめる作業をしましたが、この頃就寝時間はいつも午前零時を大幅に過ぎてしまいます。
     この2日間、前町長の訃報に接してから市役所も議会もその功績に最大限の弔意を示すことができて良かったと思いました。吉田一平市長の故加藤梅雄氏に対する弔辞は一語一句かみしめて聞かせていただきました。( ̄∠  ̄ )

     昨日6月11日(日)に名誉市民でもある前長久手町長加藤梅雄氏の訃報が入りました。告別式の日程が13日の6月定例議会の日程と重なっていました。既に議会開会は告示済です。
     市長から名誉市民でもある加藤梅雄前町長の為に、議事日程に配慮をいただけないかという申し出を受けて協議しました。議会開会は午前10時、告別式は10時30分、出棺は12時ということから、議会としては午前10時に予定通り開会して会期日程まで決め、すぐに「暫時休憩」とし、葬儀終了後の午後2時から「再開」と決めました。

    前町長加藤梅雄氏の死去は私にとっては大きな衝撃でした。長久手町政に政治参加した時には「助役」であり、町議の2期目の時に「町長」に就任されました。また2007年の町長選ではお互いに戦った相手でもあります。
    加藤梅雄氏は高校を卒業してから長久手村役場の職員となり、町長を4期16年務め引退いたしました。私も自分の政治参加と同じ時代を、立場こそ違いますが歩かせていただきました。「議会が躍る」といわれるほど、議論を戦わした楽しい思い出もあります。
    長久手の「村政」→「町政」→「市制施行準備」や区画整理事業を通して長久手のまちづくりを人生をかけて成し遂げてきた方です。81歳でお亡くなりになりましたが、約60年という歳月を投じて、現在の長久手市の礎を築いてこられた方です。 
    【名誉市民となられた時の「広報ながくて」の誌面です】
     img015
    「名誉市民」は長久手市の発展に貢献した人を議会の同意を得て市長が推挙し本人の承諾を受ける・・と条例で決められています。加藤梅雄氏の逝去により存命の名誉市民はいなくなりました。
    夜は通夜式に参列させて頂きました。葬儀場は1階~3階まで多くの参列者がいました。市役所の職員、ほとんど全員の方々の姿をお見かけしました。
    「長久手という地をこよなく愛した父」と、喪主様からご挨拶がありましたがまさにその通りの生涯であったと思いました。

    2007年町長選挙時の「加藤梅雄町長マニュフェスト」の表紙です。
     BlogPaint
     I Love ♡ Nagakute  72歳の頃でしょうか。「子供スクスク シニアは長寿 真ん中世代は元気ハツラツ・・そんな町にみんなでしたい」
     このようなまちになりましたね。町長、ありがとうございました。安らかにお眠りください。  

    このページのトップヘ