2017年06月

     沖縄は72回目の「慰霊の日」を迎えました。式典が行われた平和祈念公園内には沖縄戦で亡くなった全ての人々の名を刻んだ「平和の礎」があります。
     この記念碑は太田昌秀元知事が建立しました。私が2000年に衆院議員になった翌年の参院選で太田昌秀元知事は当選し、同じ政党(社会民主党)で共に活動した時期があります。私は愛知郡長久手町の町会議員から、太田昌秀氏は沖縄県知事という、恒久平和を願う地から永田町にきました。当時は49歳と、76歳。温厚なお人柄、話し方からは想像もできないバイタリティーが全身からあふれ出ていました。参院議員ですが、元沖縄県知事というイメージが大きくて、知事時代の豊かな経験をたくさん聞かせて頂き学びました。

    (2003年・韓国で金大中政権を引き継いだノ・ムヒョン大統領を一緒に訪ねました)
    ※右から二人目が太田昌秀参院議員、左端は現政権の首相に就任した李洛淵氏
     29年6月太田元知事
     この訪韓時、太田参院議員から平和の礎に韓国の人々の名前を刻むために知事時代に度々ソウルへ調査しに来られた話を聞かせていただきました。平和の礎の完成は1995年です。戦後50年近い時期に戦没者お一人お一人の名前を確認するためにソウルへ何度も足を運び調査することは大変なことであったと知りました。

     私は太田昌秀元知事が「平和の礎」に込めた恒久平和への強い思いを、改めて感じる一日を過ごしました。
      地元紙の第一面は「慰霊の日沖縄の怒り」です。
     29年6月23日沖縄

    まわりの誰に聞いても「戦争は二度としてはいけない」と言います。しかし、現実の政治は憲法を変えて「戦争のできる国」にしようとしています。国民の意思と政治がこれほど逆な時代を許している一人の日本人として、一体何ができるのか、目の前の生活に追われる自分を恥じました。

    平和の礎 国籍や軍人、民間人の区別なく沖縄戦等で亡くなられた全ての人々の氏名を刻んだ記念碑です。
     国内、226,764名 
     外国、5か国14,572名(内:大韓民国365名=全ての戦没者への太田元知事の思いが伝わってきます)
     29年6月23日平和の礎
     ☆★☆★☆★☆★  ☆★☆★☆★☆★  ☆★☆★☆★☆★

     議会休会日は議案に目を通したり、議会だよりの原稿など、様々な仕事をします。ちょっとティータイムで「カフェギャラリー・木もれ陽」さんのご主人の模写を拝見に出かけました。
     現在、ご主人はリハビリに励んでいるようです。奥様が一人でカフェとギャラリーを切り盛りしています。屋外にもテーブル席があることは知っていましたがいつもカウンターでの会話を楽しんできました。初めて見せて頂きました!何と素敵!葡萄が実を付けていました。ご主人が留守なので袋かけができないと残念がっていました。
     29年6月木もれ陽⑥

     29年6月木もれ陽⑦
     (寿司桶?・・洋風のベランダに和の置物いいですね)
     29年6月木もれ陽⑧
     【今週末まで、ゴーギャン、ルノワール、ゴッホの作品展】
     フィンセント・ファン・ゴッホ 「ひまわり」
     29年6月木もれ陽④
     ポール・ゴーギャン 「食 事」
     29年6月木もれ陽⑨
     エドガー・ドガ  「エトワール」
     29年6月木もれ陽③
     ピエール・オーギュスト・ルノワール 「イレーヌ・カーン・ダンヴェール嬢の肖像」
     29年6月木もれ陽②

    木もれ陽さんのギャラリーは毎週多くの方々の作品展を開催してきました。5月からはご夫妻も年を重ねてきたので、予約者にご迷惑をかけてはいけないということで模写展に変更しました。しかし、まだまだギャラリーを続けて頂きたいとの声から、少し開催の形を工夫して「再出発」を考えている・・というお話を聞いてとても嬉しくなりました。次回はベランダの席で戸外の空気を大きく吸ってコーヒーを頂こうと思いました。 v( ̄∇ ̄)v

     29年6月木もれ陽①

     29年6月木もれ陽⑤
     まだまだ、ご主人の作品はたくさんあるそうです・・・。 

     先週金曜日から始まった一般質問は今日で全ての議員の質問が終わりました。
     3月末で部長さんが4名定年退職したことにより、議場の執行部の席も「新部長」「新次長」さんが並び大きく入れ替わりました。
     午前9時30分から、夕方5時半過ぎまで3日間17名の議員からの質問に多くの部次長さんたちが答弁しました。その中で胸が動かされる答弁がありました。

    A : 「法令上〇〇は出来ません。しかし、少しでもそのご質問の内容を軽減するために調べた結果、〇〇という物がありますのでそれを利用してみてはいかがでしょうか」という答弁でした。
     今まで、「出来ない」ということに対する代替案を調べて、少しでも市民の負担が軽くなるようなことまで示してくれた部長さんはいなかったように思います。

     もちろん、私の質問においても「はい、具体的に検討します」という事で次年度予算がついた事業もありますが、こういう事業は市の政策的課題です。しかし、法令上「どうしても、出来ないこと」に対して「出来ません!」とだけ答弁する部長さんが多い中で、本当に胸がうたれた答弁でした。
     IMGP4669-2

     議会の「花」は何といっても一般質問です。新人部長さんたちへの期待も少し膨らみました。週末からは委員会に入ります。付託された議案を審議して、7月6日に討論採決して閉会します。 ☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;

     一般質問2か目です。今日も6人登壇。私は午後1時から60分質問しました。昨夜は初めて、午前零時ギリギリに就寝できました。全ての準備を済ませて睡眠時間は6~7時間を目標にしました。質問時間に最大の集中力が発揮できるように朝から細かに体力や気力を調整しました。
    (お昼休みの議場は誰もいません。)
     29年6月議会①

     29年6月議会②
    1項目目の質問(学童保育所への事務的サポートについて
    ・先週、ある学童保育所の父母会の皆さんとお会いして、会計業務の実態をお聞きしました。学童保育は市が父母会へ運営を委託しています。毎年会計担当者が代わるので、給与計算などの仕事は「社会保険労務士事務所」へ委託をしている現状に驚きました。市は多くの委託事業を行っていますがそのほとんどが営利を目的とする法人やNPOであります。学童保育所は営利を目的にしていませんので専任の事務員さんを雇用していません。
     このような実態を議場で話したところ、行政が事務員を雇用することは委託事業と言う性質上難しいが、専門に請け負ってくれるNPOなどをコーディネイトすることはします・・という答弁をいただきました。
    国保の県との共同運営について(平成30年度開始)
    ・県から標準税率がしめされて一人当たり年間約5万6千円の負担増になります。この5万6千円を制度改革の導入年度からではなく段階的に実施することや、一般会計から赤字分を繰入して加入者に極端な負担をもとめないことなどを質問しました。・・長久手市は必要額を、4方式=資産割・所得割・平等割・均等割で算出した合算額を賦課徴収していますが以前から、資産割=固定資産税の16%も含めていることは問題と私は考えていました。同じ収入でも、持ち家というだけで国保税が高くなるわけです。このような不平等な資産割課税を止めることを質問しましたが、段階的に廃止していくという回答がありました。
    IKEAオープンによる諸課題について
    ⑴イオンオープン時に路線バス等が2時間遅延するなど大変な交通渋滞が発生しましたので、この経験を活かしての渋滞対策を詳細にわたって質問しました。
    ⑵IKEAへのアクセスは南北の県道田籾線と東西のグリーンロード、そしてリニモしかありません。車での来客を減らすためには公共交通機関=リニモの利用促進以外に方法がありません。その為、リニモ利用者への家具の無料配送サービスというIKEAの地域貢献策、多額な税金が市には入るのでその何割かをリニモ市民優遇制度の導入・・等々質問しました。いずれも「検討します」という答弁で議論を深めることは難しかったです。

     今日も6人全員が終わったのは夕方5時半頃でした。2か月前から資料請求して現状を把握し、準備をしてきました。発言原稿は60分にまとめるために何度も、何度も推敲しましたが、行政に大きな政策転換という考え方の必要性を理解していただくことは本当に階段を昇るように一歩、また一歩だな~と思いました。。・゚(゚`Д)゙

    冬から春~そして初夏・・土のある所には野菜が一杯~。いちさん農園になかなか足を運べない私に、友人が先日奥様に依頼してくださり「間もなく旬になる野菜ですよ~」という写真がLINEで送られてきました。
    そうか!この方法だと私にも季節の野菜がわかります。とっても嬉しくなりました。
     29年6月いちさん農園③

     BlogPaint

     BlogPaint

     ところが、近くに住んでいる娘の家のちっちゃな花壇に野菜やイチゴが「もうじき収穫~OK」という状態に成長していて孫たちは私に「これはね、トマト。これはね、ぴーまん。」と説明してくれるのです。そして、このいちごはラズベリーって言うんだよって一生懸命話してくれました。誰が作ってるの?ってたずねると「お母さ~ん」って3人の孫が一斉に大きな声で! そう、じゃあ「もえちゃん農園だね」って私は名前をつけました。
     【もえちゃん農園・・青いトマト、小さなピーマン、ラズベリー、どれも小さくて可愛い!】
     29年6月もえちゃん農園①

     29年6月もえちゃん農園②

     29年6月もえちゃん農園③

     赤ちゃん、保育園児、幼稚園年中さん、小学1年生と4人の子どもたちへ食卓に上る野菜がこのようにして出来るんだよと、花壇をもえちゃん農園に変身させて教えている娘の母親ぶりに胸が熱くなりました。v( ̄∇ ̄)v

    このページのトップヘ