2017年05月

     人は生まれながらにして平等で自由だよって、先月99歳で他界した母によく聞かされました。大正8年生まれの母は戦前、戦中、戦後を生きてきたので身に染みて私たち子どもに伝えたかったと思います。私も学生になるまでは政治は正しくて、人々の生活をよりよいものにしてくれると信じてきました。ところが、学生時代を過ごした静岡県清水市で大気汚染が原因で喘息に苦しむ人を助けている医師をしり、大気汚染の原因が石油コンビナートの高い煙突からでるものであることを知った時に、なぜ?汚染物質を出していても許されるのか・・このことが、社会や政治に関心を持つきっかけになりました。

     おかしいお思ったことには、いつも「なぜ」「誰が」と考えて、仲間と一緒に活動してきました。金魚ばちに歯磨きを入れると金魚が死んでしまうことから、合成界面活性剤の入っていない「石けんはみがき」を共同購入する運動を始め、20年後の40代の頃にはスーパーの店頭に石けん歯磨きが置かれるようになりました。

     しかし、政治は良くなるどころかついに内心の自由まで国家が奪うという「共謀罪」が5月19日衆議院法務委員会で強行採決されてしまいました。集団的自衛権を認め、自衛隊を「軍隊」と呼び、ついに遠い海外まで後方支援という名のもとに国連軍と共に活動させることにした安倍政権は、私たちの「心の自由」までをも処罰しようとする国に変えようとしている。
     憲法の三大原則、「国民主権」「基本的人権の尊重」「平和主義」は私も義務教育で習い、現在の中学校でも社会公民の授業で教えられているはずです。与党の国会議員の皆さん、子どもたちに嘘をついていいのですか。良心が痛みませんか。

    (200年に一緒に国会へ送っていただいた仲間の今川さんは地元長崎でインタビューを)
    この新聞記事で、お嬢さんは父親が若いころの学生運動で逮捕されたことを知ったとか・・。
     29年5月共謀罪①
    (今朝の中日新聞トップ)
     29年5月共謀罪②

    (インターネットの毎日新聞では・・)
    ※プライバシー制約の恐れ 国連報告者、政府に書簡
     国連特別報告者ケナタッチ氏は「共謀罪」法案について、「プライバシーや表現の自由を不当に制約する恐れがある」と懸念を示す書簡を日本政府に送った。対象となる犯罪が幅広く、テロや組織犯罪と無関係なものも含まれる可能性があることが理由と。書簡は安倍晋三首相宛で、法案の「計画」や「準備行為」の定義があいまいで、恣意的に適用される可能性があると指摘。いかなる行為が処罰の対象となるかも明記されておらず問題がある・・。

     来週5月23日には衆議院本会議で採決されると報道されており、可決されると参議院で審議が始まります。国会の会期末は6月18日です。現有議席からすると成立してしまいます。

     私たち一人一人の国民の考えや表現、行動を処罰するという大変重要な法案を、多数決で通すことは真の民主主義ではありません。このまま進めば国民に対して「民主主義=多数決の原理」とは「国家や多数派が少数者を支配する道具である」と、間違ったお手本を示すことになります。

     今の子供たちが大人になった時に「過去の一時期、日本の政治は間違えた方向に向いていた」と言わせないでほしい。この法案に反対している多くの人々の意見を聞くことが「勇気ある政治家」ではありませんか。
       ○●○●○●○●○  ○●○●○●○●○  ○●○●○●○●○  ○●○●○●○●○

     昨日の臨時議会で29年度の議長に就任した加藤和男議長とコミュニケーションをはかる会が催されました。三分の一ほどの議員が参加しました。
     今日も豊富を述べられましたが同じ内容でしたので内心、安心しました。
    加藤議長の挨拶
     議会基本条例にあるように「市政に対してのチェック機能」を強化したい。議会改革をすすめ、議会を活性化したい。
     市民に開かれた議会をめざし、議会運営もしっかりしていきたい。
     大島 質問・・市民に開かれたっていう意味は=情報公開を進めるということですか
     議長 はい、そうです。    

    議員は「会派」の仲間もいますが基本的に一人で活動します。しかし市民の代表として執行部=行政をチェックするための調査・研究活動には情報公開が必要です。このためには「長久手市議会」として一つにならないと改革は進みません。一人で執行部に話をしても、それは一人の議員の意見として受け止められがちです。加藤新議長はこのことを約束しました。どの程度進められるかは18人の足並みにかかっています。

     そのような意味では、加藤議長は私が顧問をしている「長久手市文化協会」の役員でもあるので、日頃からよく話をする機会がありお互いの人間性は少しわかっていると思います。「文化協会仲間」という気心で、「喉を試しに」出かけました。
     29年度議長とお話会③
      (左から、川合議員、加藤議長、私です・・・) 
     川合議員の奥様は文化協会「民踊・美里会」、加藤議長は「詩吟・篁風会」、私は「さつき愛好会」の会員でもあり長年一緒に活動しています。
     お二人の喉が素晴らしいのには、ビックリ仰天です。議長は吉幾三ファン?演歌も詩吟風でした。写真の笑顔は、「議長という重責頑張るぞ!っていう決意が溢れていて嬉しそうでした。 

    (会費制での懇親会は「来多乃家=きたのや」さん・・カニ寿司美味しかったです)
     29年度議長とお話会②

     29年度議長とお話会①

     <このさつき=文化協会・会員のYさんが・・>
    29年5月さつき
    Yさん:長久手市民は「市の花」が「さつき」っていうこと知ってないなあ~。
    私:そうですね。私も会員になる前は知らなかったし・・すみません! .。゚+.(・∀・)゚+.゚  

     12日に議案説明会が開催されてから、勉強すればするほど賛否への判断が難しくなった「地方税法の一部改正案」、今日の臨時議会では質疑の後に採決です。私は迷った末に次のような質疑をして賛成しました。
    疑問①
    Q 上場株式等の特定配当をする人は市内に何名ほどいてその額はどのようか。
    A 平成26年:596人 8億2300万円 平成27年:625人 9億2800万円
      平成27年:636人 40億9800万円
    Q この内国民健康保険加入者は何人か。
    A 平成28年分では211人で約三分の一である。
    (私の意見)
     この改正は、配当所得については確定申告(国税)の申告前に住民税(地方税)の申告を0円として行えば、配当所得は地方税の、例えば国保税、後期高齢者医療、介護保険料等の所得割の計算の時に配当所得をないものとするので国保税等が安くなるケースがでてくる・・と言うものです。そこで211名分の配当所得に単純に国保税の所得割6.3%を乗じてみると約1千万円ほど国保税の収入が減ります。減った収入を一体誰が補てんするのかという疑問になります。市が一般会計(市税)から補てんするのか、あるいは税率を見直して国保加入者から広く、浅く徴収するのか・・明確な答弁はありませんでした。
    疑問②
    Q 国保税、後期高齢者医療、介護保険の他に、福祉、医療、子育て等の分野で、所得に応じて受けられる各種助成・サービス・手当などが50種類いじょうあるが、これらのサービスに対する影響はどの程度と把握しているのか。
    A 仕組みがかわることによる状況は把握できていない。
    疑問③
    Q この改正により主に3つの納税のパターンが想定される。選ぶのは納税義務者であるが、どのパターンが総合的にメリットが多いのか市役所窓口での相談が増えるがどのように対応するのか。
    A 税務課が窓口ではあるが、福祉課とも連携をとるようにする。近隣市町と連携して勉強会を行いたい。
    (私の意見)
     この税条例の改正は国の2017年度税制改正大綱により本年1月にわかっていることであります。職員が少し問題意識を持てば国会で法律が通る時期も内容も情報は把握できるわけです。今週、何度も資料請求してやっと数字が概算ではあるが見えてきました。地方分権の時代と言われて久しいですが相変わらず国に隷属しているような答弁に少し失望しました。
     地方自治の基本となるのは窓口業務です。これは公務員が直接携わることで公共サービスの質を決めます。窓口業務は単なる受付ではないはずです。住民との大きな接点であり、市役所の仕事の本質が見える大切な場であると思います。再質問は1回なので議案質疑ではあまり中身に踏み込んで問題点を明らかにできませんでした。

    「テロ等準備罪」(共謀罪)に反対する意見書」は、私も賛成者として提出しましたが残念ながら否決されました。賛成6名 反対11名 
    【賛成討論の概要】
    私は国会に提出された法律案が入手できましたので、刑法の基本原則との関係で問題があるということを友人である名古屋大学名誉教授の平川先生の意見を参考にして述べました。
    第1 「明確性の原理」・・刑罰法規は何をすれば処罰されるのか一般の人に明確に規定しなければなりません。しかし共謀罪は、どのような場合に処罰されるのか不明確です。行為は「2人以上で計画」とされていますが何が「計画」なのか、また「準備行為」が必要ともありますが何が「準備行為」なのか不明確であり、犯罪と関係しうる行為は全て「準備行為」とされる恐れがあります。
    第2 「個人法益保護原則」・・国家の役割が個人の生命・自由を保障することにあるので刑法は既遂=犯罪が完成したこと、に対して処罰することが原則です。しかし共謀罪は予備・陰謀を処罰し共謀を広範囲に罰しようとしています。
    第3 「行為主義」・・共謀罪は「計画する」という「行為」を罰する形になっています。内実は「犯罪実行の考えを持った」という「思考への処罰」であり問題です。
    治安刑法としての問題点
     「治安」には、「市民生活の安全」の他に「体制秩序」がありこれを守る為に「治安刑法」があり公安警察が担当しています。その典型が戦前の「治安維持法」です。現在でも、破防法、団体規制法、公安条例、特定秘密保護法等の治安刑法があります。体制秩序維持に不都合な、団体・結社、労働・市民・大衆運動、報道・弁論などを早い段階で規制し、思想・信条による差別的運用がなされる危険があります。
    市民活動抑制の危険性・・共謀罪は刑法の原則による制約が弱いため、警察・検察が「組織的犯罪集団」と認定すれば逮捕・拘留・捜索・押収の対象にできます。政府、自治体、大企業に不都合な市民団体等が「組織的犯罪集団」と認定され強制捜査される可能性は否定できません。名古屋市内でもマンション反対運動をした人が逮捕されるということが起こったばかりです。沖縄でも辺野古への米軍基地移設反対をしてきた大城さんが逮捕され長期に及び拘留されました。
    視社会化の危険性・・捜査は通常、外部に現れた実行行為を認知して始まります。共謀罪の場合は外部に現れません。その為警察・検察は何らかの手段で内部情報を得ようとします。考えられることは盗聴です。盗聴(通信傍受法)が捜査に利用される可能性や虚偽の情報による冤罪の危険性もあります。

     以上のように、共謀罪が成立すれば国家がコミュニケーションに介入することになり、私たちの言動を監視して情報収集するようになれば「監視社会」となります。個人や団体の活動が抑圧されて民主主義が崩壊し、人間相互の信頼関係も失われてしまいます。

    (会派室のある西庁舎に飾られたさつきが、選手交代されていました)
     29年5月臨時議会②

    臨時議会では今年度の議会体制も決まりました。事前に希望を出しておいたので正副議長は指名推薦で選挙もなく決まりました。
     議長 加藤和男さん  副議長 青山直道さん
    他に3つの常任委員会、議会だより特別委員会、一部事務組合の委員もかわりました。
     私は、「教育福祉委員会」「議会運営委員会」「尾張東部衛生組合議会」「都市計画審議会」の委員となりました。「尾張東部衛生組合」では長久手に副議長の順番がまわってきて私が互選で候補になりました。

     臨時議会は、毎年議会の人事がありますので、議案審議も含めて本会議、委員会、本会議と続き長い一日となります。
     掲示板をみると先月の「市議会一般質問の中継録画アクセス人数票」がありました。3月議会ではイケア、イオンオープンでの交通渋滞対策について質問したためか少しアクセス数が上がっていました。
      良く見ると(2位)・・凄くうれしいです
     BlogPaint

        .。o○o。.★.。o○o。.☆  .。o○o。.★.。o○o。.☆  .。o○o。.★.。o○o。.☆

     18日の臨時議会で「長久手市税条例の一部改正」(専決処分済)の承認案件があります。昨日は会派室で上田議員と一緒に税務課長をはじめとする3人の職員に来ていただき事前にお願いしていた質問事項に対して説明をしていただきました。
     途中、駐車場の土手に目をやると三つ葉のクローバーの花が咲いていました。花を摘んで首飾りを作って遊んだ子どもの頃をふと思い出しました。
     29年5月議会運営委員会②
    【改正の主な内容です】
    特定配当等及び特定株式等譲渡所得金額に係る所得について、住民税の納税通知書が送達されるまでに所得税の確定申告とは別に配当所得を0円として「住民税申告書」を提出すれば、住民税の課税対象とならず、国保税、介護保険料等の算出に対して配当がないものとする・・というものです。
     本会議での議案質疑は2回までなので的確にやり取りできるように事前に議案を調べたところ、多くの疑問点がありました。課長は疑問点に対して丁寧に調べて資料を準備してくださいました。勉強すればするほどこの税条例の改正は、地方自治体にとっては難しい事務事業になること、またどういう所得階層の人が恩恵を受けるのか予測が難しいということが判明しました。

     したがって、またまた疑問や問題点が拡大して3点にわたり追加の資料請求をしました。期限は今日です。閉庁時間ギリギリに資料が届きました。う~ん、難しい。難しいという意味は国がこの地方税法を3月31日に改正したために地方自治体も連動して条例を改正してきているからです。上場株式等の配当等は国税(所得税)と地方税(住民税)は連動し一緒に源泉徴収されているので、上場株式等の配当所得等を、所得税と住民税を異なる課税方式で選択がきるようにする内容です。
    ・疑問・・上場株式等の所得がある人って一体市内にどのくらいいるのか。またその額は?
    ・疑問・・国保税、介護保険料、後期高齢者医療費の他に所得に関わって影響を受ける医療、福祉等の助成制度はどのくらいあるのか?
    ・減った税金は誰が補てんするのか?国保であれば他の加入者へ広く浅く増税されるのか?

     今日受け取った資料を勉強しても、未だ賛否の結論を出せないまま、夜をこすことになりました。
     地方税法って難しい!
    (昨日も今日も頭の中はこのことで一杯です。会派室を出た時、何と我が皐愛好会の「さつき」が廊下に飾られていました。やっぱり花が咲いた「さつき」がいいですね!)
     BlogPaint
     明日は臨時議会の前日です。テロ等準備罪の意見書の賛成討論や、この承認された税条例の賛否、またその理由など、今夜は早く休んでスッキリした頭で明日は結論を出さなくては
     ・‥…━━━☆・‥…━━━☆  ・‥…━━━☆・‥…━━━☆  ・‥…━━━☆・‥…━━━☆ 

     昨日(5月14日)、長久手市消防操法大会が市が洞小学校で行われました。13日の土曜日とうって変わった晴天の下、市内の消防団から5つのチームが競いました。
     29年5月消防操法大会②
     今年は「ポンプ車操法でした」。消防庁の「消防操法基準」に基づき、ポンプ車両やその他機材を使用して、5人1組で協力して行う消防訓練における器具操作・動作の方式です。
     審査は、動きの早さだけではなく、正確さ、機器操作の熟練度、安全性の確保も審査のポイントとなります。私たちも、素人なりに「早いね、きびきびしてるね・・何分かかったかな~」などと話しながら観戦しました。前団長も観戦してましたので「今のチームはどうなんでしょうか?」などと話をして楽しく応援させて頂きました。
     (さあ、スタート)
     29年5月消防操法大会⑧
     (この日は放水は無しでした。審査員も一緒に走りチェックしていました。)
     29年5月消防操法大会①

    ☆優勝・・岩作(やざこ)分団Aチーム  市長から表彰状です。
     29年5月消防操法大会⑦
    ☆準優勝・・長湫(ながくて)分団Bチーム  市議会議長から表彰です。
     29年5月消防操法大会⑤
    ☆優秀選手表彰・・武田消防団長から5名が表彰されました。
     ・指揮者ー岩作分団A(浅井公浩さん) ・1番員ー長湫分団(柚原大河さん)
     ・2番員ー長湫分団A(舘内 渓さん) ・3番員ー上郷分団(與語真仁さん)
     ・4番員ー岩作分団B(日置桂敬さん) おめでとうございます!
     29年5月消防操法大会④

    団員の皆さまはこの日の為に1っか月連日連夜練習に励んできたそうです。お仕事を持ちながら、本当に頭が下がります。
     見学者のテントに市長が出向き、若い男性に「消防団に加入どうですか」と声をかけていました。「はい」と答えた方がみえたようで、私たちは「市長から声掛けされたら断れないのでは・・」と色々と憶測話をしたり。この頃の団員の減少傾向からすれば、元消防団員であった市長からすると自然なことだな!と感じました。
    (このカラフルなベビーカーはご夫妻で消防団に入団している方の双子のお子さんのものでした。)
     BlogPaint

    五月晴れの日曜日の午前、競技する団員は一生懸命、私たちは沢山の声援を送り無事に大会が終わりました。優勝した「岩作分団Aチーム」は8月5日に愛知県大会に長久手を代表して出場します。これからも訓練が続くと思いますが、ご家族のご理解の下で引き続き頑張って下さいね。
     地域を知る消防団の皆さま、いつもありがとうございます。  v( ̄∇ ̄)v  

    このページのトップヘ