2017年02月

     3月定例議会が開会しました。今年は特にインフルエンザにならないように体調管理をしてきました。昨年の予算委員会の2日目にインフルエンザにかかり1日欠席!という苦い体験をしたからです。31日間、毎日会議日程があるわけではありませんが休会日は議案の精読や賛否を決めることなど盛りだくさんのことがあります。最終日には議員としての「議決権」の行使をしますのでしっかり審議して臨みます。

     今日は初日です。この日のメインは市長の「施政方針」演説です。4月から始まる平成29年度の予算編成や主要な事業など、市長の思いが発表されました。
     予算額は、一般会計が173億8,000万円、8つの特別会計が104億9,839万円で予算総額は278億7,839万円です。長久手市は財源となる市税が人口の増加や大型商業施設開業の影響から前年に比べると約2億5,800万円の増加を見込んでいます。自主財源比率が72.5%となり、景気の動向や補助金の増減などの影響が比較的少ない、安定性のある自治体です。

    市長の市政方針の骨子です。
    将来を見据えたまちづくり
     各種計画を策定しますが、市民生活に関係するので市民に参加を呼びかけ、市民主体で作る。
    いつまでも自分らしく生きるために
     高齢者や障がいのある人がいつまでも住み慣れた地域で暮らし続けるまちをつくるため、医療、介護、生活支援分野が連携してサービスを提供する仕組み等を作る。(毎年同じです)
    子育て世帯を応援するまちづくり
     増加する保育需要に対応する保育サービスの提供。放課後こども教室(文科省)と児童クラブ(厚労省)を一体型にした施設を整備する・・等。
    安心して生活することができるまちづくり
     防火・防災意識を高めるために「子ども消防団」の設立。老朽化した橋梁などの長寿命化や耐震化をする。
    自然の力を活かしたまちづくり
     木は私たちの体の外にある、もう一つの肺、だと言われる。緑の力、自然の力を活かした事業を推進する。
    環境に配慮したまちづくり
     緑化をすすめ、市内の街路灯のLED化をして低炭素のまちにしていく。

    以上の方針にもとづいた予算が組まれております。予算の財源は税金です。31日間、慎重に審議して最終日を迎えたいと、心を引き締めて“頑張ろう~”と思った、開会日でした。
    花桃①

     ところが、本会議終了後、執行部からの報告に多くの議員がビックリ!!
    「文化の家での住民票、印鑑証明の交付事務を3月31日で終了する」という内容でした。理由は市役所やアピタでの交付枚数の2%で年間約1300枚と少ない。また4月からコンビニでのマイナンバーによる交付システムが始まるからという説明でした。
     多くの議員から、「おかしい!」という意見が出ました。私もそのうちの一人です。文化の家が開館した時に住民サービスとして始められた事業です。交付枚数が少ないといえども年間1300人もの市民が利用しているのです。数字だけで見れば少ないわけですが、近所の人々が利用しているわけです。簡単に〇〇が始まるから利用者が少ない所は止める・・という考え方に疑問の声がたくさん出ました。
     議会として、初めて「少数者の側に立つ」という考え方で方向が一致してとても嬉しかったです。明日まで各会派でこの問題を持ち帰り議会としての態度を決めよう・・ということになりました。この議長のまとめに、「多分撤回できるな!」という予感を感じながらも明日、議会としての結論がでるまで心配でしかたありません。

     このような、ハプニングのあった開会日でした。

     毎年2月になると町内会の防災訓練があります。今年は組長なので役員の皆さんと一緒に「炊き出し」の準備をしました。戸外に机を並べて臨時台所を作り、手分けして大根・人参・豚肉・里芋・コンニャク・・などを切りました。野菜の切り方を見ていると各家庭によって大きさが違うことを発見!でも、こういう時は誰も自己主張しないで何となく「これくらいの大きさでいいかしら~」などと話しながらスムーズに切ることができました。
    町内防災会訓練⑦
    午前10時~集会所内で救命訓練なので豚汁は大釜に材料を入れて、味付けと火力の調整はボランティアの女性消防クラブの方におまかせしました。
    10時~11時30分 消防本部から職員が来て、いよいよ救命入門コースが始まりました。
      30名ほどの参加者は4班に分かれて消防署職員の指示の通りにAEDを使用して救命処置を学びました。
     何と、町内にあるスーパー平和堂から店長さんはじめお二人が参加して下さってました。
    町内防災会訓練

    町内防災会訓練②
    今年、良かったなと思った内容は小児の救命処置でした。
    (小児に対しては、AEDのパッドを心臓と背中にはる。胸骨圧迫の強さは胸の厚さの約3分の1が十分沈み込む程度に、そして片手で・・)
    町内防災会訓練③
    乳児に対しては、胸骨圧迫は指2本程度・・などです。
    町内防災会訓練⑤
    私は、0歳から6歳までの幼い孫がいるので、興味と関心を持って一生懸命説明を聞きました。

    予定通りの時間に訓練が終わると外の駐車場には豚汁が出来上がっていました。
    町内防災会訓練④
     寒い日でしたが風がなかったので良い訓練日となりました。
    今日担当してくださった職員は女性です。かろうじて20代ということでしたが、いつもは救急車にも乗って現場へ出動していると話してくれました。
     
    長久手市消防本部に、彼女のような明るくて爽やかな印象の女性救急隊員がいることを知って、お世話にはなりたくないけれど、万が一の時に安心だな!と思いながら帰ってきました。

     町内会の役員の任期も3月末まで。残すは自治会総会で組長の仕事は終わります。いつも思う事ですが行事の時には、三役の方々が事前に段取りをして下さるので「組長」の仕事はそれほど大変ではありませんでした。

     議会が開かれる前には必ず「議会運営委員会」を開催して議事日程等、会期中のことを決めます。
    議運①
     今日は一般質問の締切が終わったので日にちの割り振りと順番を決めました。今議会も議長を除く17名全員が質問に立ちます。以下のように決まりました。
    議運③
     また、予算審議議会なので「予算特別委員会」委員も各会派から選出されて8名が出そろいました。現在の委員は5月で任期が終わります。時間をかけて決める課題は次期委員会にお願いしようとなったのでいつもより早めに終わりました。午後からは議案質疑に関係する勉強のため昼食を食べなければなりません。久しぶりに庁舎の敷地内にあるシルバー人材センターが運営している『おふくろの味処』へ行きました。
    議運④
    今日のランチ(500円)です。メインはサバの味噌煮。私はここの味噌汁が大好きです。手作り味噌なので味に何とも言えないほど深みがあります。
    議運②
    『おふくろの味処』も開店して2年がすぎ、お昼時でしたので相席になりました。サラリーマンになったような気分で一人で昼食をとりました。
     お隣の方はカレーライスです。このカレーライスがまたまた美味しかった記憶があります。以前、ランチを食べ終わった後に、あまりにも美味しそうだったので半分でもいいよ!といってくださったので食べたところ、一人前出てきました。残すのは申し訳ないと思って全部頂いたので、午後からの委員会中、食べ過ぎで苦しくて苦しくてたまりませんでした。今日も、カレーライス食べたいな~と思いましたがきっぱりと止めました。
     次回の昼食は『カレーライス』と決めて、午後からも会派室で閉庁時間まで調べものをしました。

     近所にある清水屋というスーパー4階で恒例の「名古屋東部いけばな展」が始まりました。友達が毎回出品しているので今回も出かけました。特設会場はとても賑わっていて、またお花の香しい香りが一杯でした。会場が広いので大作ばかりで圧倒されます。
    友達の作品・・額の赤富士は自分で描いた油絵、左の花器は傘立て、右の花器はいすの上に。
    東部いけばな展①
    今年の干支をイメージしてるのかな?カッコイイ!!
    東部いけばな展⑨
    お正月の門松を思い出しました。
    東部いけばな展②

    東部いけばな展⑤
    小原流 男性の先生の作品
    東部いけばな展⑥
    景風流 山田翠佳先生
    東部いけばな展⑫

    東部いけばな展⑬

    東部いけばな展⑩

    東部いけばな展⑧

    東部いけばな展⑪
    聖生流 西田千流庵先生
    東部いけばな展③
    草月流 伴 彩圃先生
    東部いけばな展④
     見事な作品ばかりでしたが自分の気になった作品を写してきました。私は単純で、花の色の鮮やかさだったり、一風変わった活け方、大きな作品、自分に迫ってくる作品、そういういけばなに興味を感じます。先生方が考えて、考えて花材を調達し、構想を練ってここに並んだ作品とおもうと、わずか2日間で次の先生の作品に代わることに残念な気持ちになります。
     お花は生きているので仕方ないですね。花一輪、葉一枚一枚が人が水盤に活けることによってこのように美しくなる・これから春を迎えて野に咲く可憐な自然の花々も好きですが、時にはこのような作品鑑賞もいいですね。

     私の家の周りは急速なテンポで高層マンションが立ち並び、都市化されてきています。しかし未だ大きな一区画は梅畑として残っています。2月に入り特に寒さを感じながら議会の準備に追われていますが、ふっと梅畑をみると花が一斉に咲き始めていました。可愛い蕾!と一瞬気持ちが和みました。季節がまた廻ってきたんだ!と、心まで冷えている毎日でしたが嬉しくなって梅畑に近づいてみました。
    春を告げる梅②

    春を告げる梅①

     今日から、3月議会の一般質問の受付が始まり、私も四苦八苦しながらまとめた通告書を無事に提出してきました。質問は要旨を書くのですが、全体を把握しないとまとめることができません。先日は一日かけて昨年12月にオープンしたイオンへ出向いてきました。バス、リニモ・・と公共交通機関を乗り継ぎ、大規模店舗の出店による市内の交通状況を確認してきました。
     今年の10月にイケアがオープンすると、ついにリニモの駅ごとに「アピタ」「イオン」「イケア」と大規模店舗が揃います。イケアの商業圏域は東は浜松市、西は滋賀県あたりと広く高速道路の利用者も増えることから土日などは県道の大渋滞が予想されます。大規模商業施設と市民生活が末永くこのまちで共存していくための交通対策と長期的な交通政策を質問します。
     また市民ファースト施策として日頃、市民の方々から頂いていた要望なども取り上げます。執行部から明確な答弁がいただけるようにわかりやすくまとめた結果3ページになってしまいました。2月24日(金)の一般質問初日に質問に立ちます。
     これで安心してはいられません。今議会には30の議案が提出され、2月22日(水)はこれらの議案質疑日ですから精読して質問の準備にとりかかります。まだまだ春は先かな~と思いながら過ごす毎日です。
    img003
    img004
    img005

    このページのトップヘ