2017年01月

     昨日は文化の家の展示室で開催中の「画家・赤塚一三氏」教え子の作品展にいってきました。赤塚一三氏とは30年来の知り合いです。愛知県立芸術大学卒業後、大学院を終了しても地元に帰らず長久手に住み続けながら画家の道を歩んでいます。フランス留学に選ばれた時は小さな長久手市にとっては大きな話題となり、帰国してからの活躍も耳にしてきました。氏とはFBでイオン、イケアの話題の中で「大型店舗ばかりでなく美術館もほしいね!」などとやり取りする中で作品展のことを知りました。
    ♦教え子たちの作品です。
    赤塚先生絵画教室④
    (緑がきれいな油彩画・・ハットしました)
    赤塚先生絵画教室③

    ♦教え子の方から作品にまつわるお話をたくさん聞かせていただき興味深く鑑賞できました。
    (これらは、教室でモデルさんを描いた皆さんの作品です。一人一人印象が違うんですね。15分間ごとにポーズが変わるそうです)
    赤塚先生絵画教室⑧

    赤塚先生絵画教室⑨

    赤塚先生絵画教室⑫

    赤塚先生絵画教室⑥

    赤塚先生絵画教室⑦

    ♦これは、赤塚一三先生の作品です。教え子いわく「30分間みると意味がわかるよ」と。私は5分ほど鑑賞して「なるほど」と自分なりに感じるものが出てきました。
    赤塚先生絵画教室②

    ♦これは、説明してくれた方の作品です。
    赤塚先生絵画教室⑤

    赤塚先生絵画教室①
    私:猫を飼っていないということですが、どうして描いたんですか。
    彼:夏目漱石の「吾輩は猫である」を読んで興味を持ったんだよ。漱石の書いた猫の絵を見てデッサンしてきた。
    猫を描けば小説の意味がわかるのではないかと思って。何時間もかけて書いた絵です・・。でも、いまだに小説の意味がわかったようでわからないよ。

     教え子の方との会話はとても楽しくて、音楽・詩・絵画に親しみ始めた人々は、皆さんそれぞれ「きっかけ=動機」があるんだなとしみじみ思いました。赤塚一三氏のいう「心を豊かにする」意味の豊かって一言ではあらわせないな~などと思いました。

     帰り道、文化の家の入り口で見た「段ボールチェンバロ」が急に気になりだして、鍵盤もたたいてみたら小さな音が出ました。これって「楽器?」それとも「美術作品?」と考えましたが、考えて観ることは止めよう~という気持ちになりました。
    赤塚先生絵画教室⑩

    赤塚先生絵画教室⑪

    文化の家・・って、面白い。

     昨年12月9日に長久手に出店したイオンは、市民にとって交通渋滞という騒動の中オープンしました。
    イオン㉔
    先週25日に開催された「長久手市地域公共交通会議」においても「交通渋滞」と「N-バス遅延状況」が報告されるほど市民生活に大きな影響を与えています。
     今日は午後3時過ぎから、公共交通のみを利用して消費者としてのイオン初デビューと、交通渋滞という政策課題を確かめる目的を意識して家をでました。
    ♦名鉄バス・藤ヶ丘行き・・スマホを使いバスロケーションシステムのQRコードで調べましたが、以外にも4分遅れでした。イオン方面を経由してくるのでもっと遅延を予想していましたが、まずは順調でした。
    ♦さて、リニモの起点藤ヶ丘駅・・普段リニモを利用しないのでとても珍しいです。
    イオン⑯

    イオン③
    リニモ車内・・乗車率は座席では50%くらいかな?8分間隔の運行になったので待ち時間を感じず嬉しい!
    イオン⑮
     いよいよ古戦場駅です。リニモは県道の中央に橋脚がありその上を走行しているので街並みが良く見えていいですね。さあ、駅です。うっかりしていると乗り過ごしそうです。
     手前に見えるのはバスのロータリーです。ここからN-バス、名鉄バス、愛知医大専用バス、日進市くるりんバスに乗車できます。
    イオン⑭
    わくわくしながら店舗に向かいました。目に飛び込んできたのは渋滞です。イオンはグリーンロードを左折した道路に駐車場の入り口があるためか左車線は渋滞していました。なかなか動きません。右車線は信号が変わると5~6台は前進しますがすぐに滞留しはじめました。(日曜日、午後4時頃)
    イオン⑬
    買い物帰りで渋滞している、東西に走る(旧)瀬戸大府東海線の渋滞です。
    イオン㉓
    リニモの駅とイオンを結ぶ空中歩道からは、長久手市が整備した扇型の2号公園が見えます。
    イオン⑪

    ♦店舗を探検
    イオン⑤
     沢山の商品を並べた店舗が目に入ってきました。特別に欲しいものがなかったのでフェアートレードショップのようなお店があったので入ってみました。
    イオン⑨
    あまりにも可愛い布バッグだったので買ってしまいました。良く見るとネパール製です。
    イオン①
    ・ダイアリーペンケース・ピアスも・・。 ちょっと嬉しい~。
    イオン②
    市内に初登場の映画館!(4階)
    イオン⑦

    イオン⑥
     時計をみたら夕方6時半。お腹がすいたのでレストランを見渡しましたが空席がたくさん。
    イオン⑧
    家では作らない「オムレツ」をいただきました。一人での外食はちょっと寂しいですね。
    イオン④

    ♦さあ、メインの長久手マルシェです。市内にはたくさんのスーパーがありますが目新しい物があるか楽しみです。車ではないので沢山買わないように気を付けました。
    イオン㉒
    焼酎、ワイン、日本酒、ウイスキー、世界のビール・・アルコール類は豊富・・。獺祭が。
    イオン㉑
    セルフレジは慣れていないと時間がかかりますね。とっても不便に思いました。
    一回体験したので次回は要領よくできそう~。
    イオン⑳

    ♦もう夜の8時に。来た通りに帰れると思いましたがリニモの駅への誘導標識がないので一階へ降りたら外に出てしまったのでやり直しです。二階に連絡通路を見つけてやっと駅に戻れました。
     出入り口にはベビー用のカートが沢山。若い世代をターゲットにしているね。
    イオン⑱
    次回は「バレンタインデー」の買い物に来て下さいね~と、この飾りつけは呼んでいるのかな。
    イオン⑲

     とにかく、今の長久手市内では「イオン」「イケア」はどこにいっても、誰と話をしても話題になっています。良くも悪くも・・。イオンオープン前から交通渋滞のことは指摘されてきましたが、長久手市の交通政策を決定する最高の位置づけにあるこの会議では具体的な渋滞緩和策は話し合われませんでした。「他人事?」としか思えない会議内容でした。

     リニモは収益を黒字に転換するために、昨年12月のイオンオープン時から増便や待ち時間の短縮を実施して利用者増に必死です。また名鉄バスは隣の尾張旭市から直接乗り入れられるようにして、収益が上がりそうな路線を再整備するなど動きがありました。
     イオン、イケアの出店が市民にとって明るい話題になるように、早急に行政へ訴えかけていく必要性を感じたイオンデビューの日でした。

     昨年11月23日に「市民と野党をつなぐ会@愛知7区」が設立されてから、各自治体ごとに活動を始めることになりました。その第一弾が1月16日に開催した「座間宮ガレイさんの選挙勉強会」でした。今日は第4回目の打ち合わせを、さとうゆみ議員、林みすず議員、市民の方と四人で行いました。@愛知7区の共通版のチラシができたのでこれからの活動を4人で話し合い、独自のチラシを作る作業も行いました。
     私たち女性議員3人は先般、メンバーである市民の方が自分で作った白菜、カリフラワー、ほうれん草、キュウイを分けて下さって喜んで頂いて帰りました。一人ではなかなか活動ができませんが少しづつメンバーが増えてくると楽しくなってきます。
    (@愛知7区のチラシです。)
    飛行機雲①
    飛行機雲②
     市役所は土曜日は入れません。その為公民館でもある西庁舎で打ち合わせをおこないました。入ると壁の全面が作品であった陶壁画から木枠が外されていました。良かった!
     木枠は吉田市長が就任して「市政サロン室」をこの前面に作ったので木枠に囲まれて作品が台無しになっていました。多くの市民から苦情が出ていましたが5年目にはいりやっと木枠が外されて元の姿の作品を見れるようになりました。木枠の設置費用は確か百万円ほどかかった記憶があります。市長も良く考えて物事を進めて頂きたいと思いました。
    飛行機雲⑤

    飛行機雲④

     打合せを終えて駐車場に戻ると、沢山の飛行機雲が見えました。
    飛行機雲③

     白くまっすぐにのびてきれいな飛行機雲。しばらくの間、寒さに震えながらうっとり眺めていました。そうか、こんなに寒いからできるんだ。きっと飛行機の飛んでいる周辺の気温はかなり低いんだろうな。ヨーロッパへいく時に搭乗した飛行機で、機長がシベリア上空を飛んでいるときに「眼下にバイカル湖が見えます。高度は6000m」と話してくれたことを思い出しました。でも、この飛行機雲はそんなに高い所を飛んでいる飛行機??とも思えませんので、きっと上空がとっても寒いんだろうな~と思いながらしばらくの間魅入っていました。
     とても寒い日でしたが、物事が進んで気持ちの良い一日でした。

     2001年名古屋場所、私は大相撲「阿武松(おおのまつ)部屋」の後援会に入りました。現役時代は「益荒男」=白いウルフと呼ばれていました。部屋は車で10分ほどの尾張旭市の本地が原にありました。新幹線の相撲列車が名古屋駅に到着と報じられると、近所に力士たちの浴衣姿をみかけるようになります。
     これが縁で名古屋場所を観戦に出かけたり幕内力士の送迎を後援会員として数日引き受けたりして少し相撲に興味を持ち始めました。ちゃんこパーティーに友達を誘って出かけ、毎年力士たちの成長を見守るようにもなりました。

     後援会員になると阿武松部屋はカレンダーと番付表、浴衣地1枚分が送られてきます。阿武松部屋は当時幕の内力士がいなかったので、番付け表は虫眼鏡で見ないとわからないほど小さい文字で名前が書かれていました。あ、文字が少し大きくなったね~などと一喜一憂しながら名古屋場所を待ったものでした。
    ☆当時のカレンダーです。写真だけにして飾っています。
    稀勢の里土俵入り⑬
    ☆稀勢の里が19年ぶりに日本人として横綱に昇格というニュースが連日報道されてきました。私は「曙」の土俵入りが確か「雲竜型」でかっこいいな~という記憶がありました。なんと、稀勢の里も雲竜型と知ったのでテレビのニュースを気にしていました。メディアのフィーバーぶりにビックリしながら久しぶりの雲竜型の土俵入り・・ついつい記念にとスマホで撮ってしまいました。
    ♦明治神宮上空・・など。 
    稀勢の里土俵入り⑫
    (まさか結婚式と重なるとは・・このカップルにとって記念日は良い思い出になるでしょうね)
    稀勢の里土俵入り⑤
    (さあ、登場・・。土俵入りの始まり)
    稀勢の里土俵入り⑥

    稀勢の里土俵入り⑨

    稀勢の里土俵入り⑧

    稀勢の里土俵入り⑦
    (いいよ、雲竜型が見れます・・。)
    稀勢の里土俵入り④

    稀勢の里土俵入り③

    稀勢の里土俵入り②
     10年前にソウル市内に住んでいる友人が「大相撲」見たいという理由だけで名古屋に来ました。県体育館や相撲部屋、ちゃんこ鍋・・等フルコースでお迎えしました。友人は一人一人の力士のことを凄くよく知っていて知識も豊富でした。そうか!BSテレビで欠かさず観ているから。
     稀勢の里の鳴門部屋は、名古屋場所では友達が御庫裏(おくり)さんをしている長久手市にある大雄院に部屋を構えます。千秋楽のパーティーで一度お目にかかったことがありますが「笑わないお顔」でした。報道の通りだなあと、今やっと理由がわかりました。

     日本の大相撲は世界中にファンがいます。横綱になっても今まで通り頑張ってねと心の中で声援を送りました。

     長久手産の青首大根。先日8㎏もある白菜を作った先輩が巨大白菜に負けないほどの大根をどっさり玄関先へ置いていってくれました。
    大根①
     大根は葉っぱも食べて捨てるのは皮だけです。調理はたいてい一日の仕事が終わって寝る前にします。
    [葉っぱの佃煮のレシピ]
    ・葉っぱは5mm~8mmの幅にきざみます。2本分の葉っぱで大きなボウルは一杯に。水気を切ります。
    ・大きなフライパンにごま油を大さじ2杯入れて加熱したら強火でさっと炒めます。
    大根②
    ・フライパン一杯の葉っぱがこの位までしんなりして量が少なくなったら、砂糖大さじ2杯、お酒少々で弱火で炒めます。
    ・あめ色につやつや光ってきたころに、出汁醤油を好みの味になるまで注ぎます。
    ・汁が出るので、無くなるまで中火で味が全体にわたるようによくかき混ぜます。  以上
    (出来上がり)
    大根③

     ボウル一杯の葉っぱが佃煮にするとこのように少なくなりますが、暖かいご飯の上にかけたり、またご飯と混ぜ合わせて「おにぎり」にすると孫たちは喜んで食べてくれます。

     料理は食べてくれる人の顔を想像して作ると張り合いがでますね。この佃煮は冷蔵庫に入れておくと長持ちします。一人で食べてしまうのか、孫の🍙になるのか、どちらが早いかな?

    このページのトップヘ