2016年10月

     幼稚園の運動会に朝から行ってきました。会場は愛知県体育館、そういえばここは大相撲名古屋場所が行われる所では・・こんなに大きな体育館で?と思いましたがマンモス幼稚園の宿命かな~。しかし家族にとってはスタンド席に座りビデオカメラのズームで自分の子どもや孫の演技が見れるので、距離感こそありませんが目をみはるものがありました。少し前まで赤ちゃんだった子が、幼稚園にあがってこのように集団の中で先生の指導に従い、「走る」「踊る」というパフォーマンスをするなんて・・とても感激しました。
    (開会式・・見事な入場行進でした)
    幼稚園運動会⑩
    (鼓笛チームによる「くるみ割り人形」の演技です)
    幼稚園運動会⑨
    (ポンポンを持って、元気一杯の演技は年中さんです)
    幼稚園運動会⑥
    (年少さんのお遊戯「くりとり」です・・小さいのによくできましたね!)
    幼稚園運動会⑤
    (年長さんによるマスゲーム。3人、6人、9人と難しい技を披露してくれました)
    幼稚園運動会⑧

    幼稚園運動会⑦
    (最後の演技は年長さんによる「プレイバルーン」丸いバルーンを変幻自在に・・圧巻!)
    幼稚園運動会④

    幼稚園運動会③

    幼稚園運動会②

    幼稚園運動会①

     普段は離れて暮らしている孫の成長した姿を見て、とても嬉しく、楽しく参観してきました。「いつから練習したの?」とたずねたら「あの~多分ね、9月の始めの頃かもしれない・・わからないよ~」とあどけなく話してくれました。どこの家庭も、両親がビデオカメラを持って動き回り、通園コース別保護者リレーではお父さんが一生懸命走りました。追い越したり追い越されたりしながらの力走にスタンド席からは大声援が飛び交いました。
     とにかく、私にとっては初めての孫の運動会、全てが珍しい一日でした。園長先生、担任の先生ありがとうございました。



    アートフェスティバル②
     今日は10月1日(土)。台風の影響で雨模様の毎日でしたが、幸いにも空は晴れてくれました。行事のたびに空模様が気になった9月でしたから今月は秋晴れを望んでいました。市内の公立保育園の運動会が一斉に行われました。私は住んでいる校区内の保育園に招かれました。昨年から育休退園廃止、待機児童問題などの子育て問題に取り組んできたので運動会はまさしく、保育の現場へお伺いできるチャンスです。
    【長湫北保育園運動会=来年は移転先の新しい所で開催です】
    先月、タイヤ交換した自転車に乗り気分も明るく出かけました。
    (入場門ですね)
    北保育園運動会①
    (2歳・赤さん・黄さん・青さん 入場行進できたね~)
    北保育園運動会②
    (準備体操 「秘伝ラーメンたいそう~」 大きなラーメン丼が頭に!)
    北保育園運動会③
    (オープニング 「舞」 ~青組ソーラン~ 大きい組さん、カッコイイ!)
    北保育園運動会④

     子供たちは日頃の遊びの中で培ってきた力を運動会の色々な種目の中で発揮していました。ご両親たちもビデオカメラのスイッチをいれて、わが子に大きな声援を送っていました。

    ◎午後からは「文化の家・アートフェスティバル」の開幕へ。
    1日から→23日まで、市内はアート一色になります。今日はオープニング・パフォーマンスと館内随所での展示作品を見せていただきました。
    (オープニングパフォーマンス=三ヶ峯のウワバミ兄弟)
    1、三兄弟です。
    アートフェスティバル③
    2、子供たちが小さな玉をウワバミの大きな口に投げ入れて競争しました。
    アートフェスティバル②
    私も挑戦。玉は軽いので、なかなかウワバミの口まで届きません。
    3、さて、どの兄弟に沢山玉が届いたかな?
    アートフェスティバル①

    【館内の展示物=床や階段を利用したアート、まさしくアートフェスティバル】
    アートフェスティバル⑦

    アートフェスティバル⑧

    【館内の各所で小物の展示即売も・・・】
    アートエスティバル④

    アートフェスティバル⑥

    アートフェスティバル④

    【風のホール=ハープコンサート】が。
     整理券が品切れになるほどの盛況でした。入り口を立ち去ろうとした時に見知らぬ女性から「友人が来場できなくなったので券をどうぞ」と言って差し出してくれました。優しい申し出に飛びついてありがたく頂き、ハープ演奏を聴くことができました。市内にある県立芸術大学卒業生=山地梨保さんの演奏です。ドビッシーの「月の光」など、ピアノの音を繊細にしたようなハープの音を存分に聞かせていただきました。

     演奏が終わると盛装した「くらし文化部長」が山地さんに花束を差し上げに舞台に登場! 9月議会に一般質問で「部長兼務の館長職」から専任の館長を置いて下さいという質問をしました。答弁では部長職が多忙でなかなか文化の家に来れないということでした。今日は、特別の演奏会だったんですね。
     部長、今日は館長の職務をありがとうございました。休日なのにお疲れ様でした~。
     






     今日から10月。1日の便りが今月も届きました。
    伊勢赤福10月

     今月は「栗餅」です。お餅を二つに切ってみると中には栗あんこが入ってました。口当たりが柔らかくて一度に二つ食べてしまいました。
     旧暦の9月9日(今の10月)は、五節句の中で最も重要な重陽(ちょうよう)の節句=菊の節句。菊酒や栗ご飯を用意し不老長寿を祈る風習でした。皆様のご壮健を祈りながら栗餅をお届けします。 【店主より】

     秋の山の実りが、秋の味覚が幸福感となってつたわって来る、そんな気がする徳力冨吉郎氏の版画の包装紙を今月は使用していると書かれていました。
     普段、見慣れている伊勢赤福のピンクの包装紙とは趣もちがい、伊勢の文化を末永く伝えようとしている(株)赤福さんの朔日餅(ついたちもち)に込める思いが今日も伝わってきました。
     不思議なことに、赤福のお餅がこの頃では🍷の肴になっています。私は就寝前にほんの少し飲みます。甘いお餅が肴になる?ってきっと体が疲れているのかな~なんて、疲労のバロメーターになっています。
     ごちそうさまでした。

    このページのトップヘ