2016年06月

    【一般質問 一日目】
     吉田ひできさん、田崎あきひささん、ささせ順子さん、じんの和子さん、山田和彦さん、木村さゆりさんです。
    6名の議員の質問をピックアップしますね。
    ★消防の広域化について・・市民へのメリットとディメリットについてはメリットのみありディメリットはないと断言。メリットは①規模が大きくなり車両も増えるので初期消火ではメリットになる。②市境付近の場合は早くかけつけられる。③国では人口31万の規模でメリットがあると発表されている。今回は豊明市、日進市、東郷町、みよし市、長久手市で30万人規模になるのでよい。等々の答弁でしたが、消防団の在り方については協議事項になっていると。
    ★震災時における罹災証明発行について・・市役所一か所で予定しているが、避難所ごとの発行は今後検討していきたい。また発行の体制は1グループ20名ほどで税務課、収納課の職員があたる。
    ★大規模震災による被害・・南海トラフ地震:家屋全壊は300棟、猿投山北断層地震:830棟が全壊すると予測している。
    ★発達障がい児について・・これは定義が定まっていない。70%が学習障害といわれ外見では判断できない。中学校にも通級を設置しないかという質問には、中学校は教科担任制なので、愛知県教育委員会では基準を持っていない。保護者から要望があれば県に申請する。
    ★食品ロスの削減について・・日本は年間642万トン発生し世界1位。小中学校での残食数は225.5㎏であり減少傾向にある。市内飲食店で食べ残しゼロのためにドギーバッグ(折詰箱)の普及をということについては食中毒の問題から保健所からの指導があり難しい。この質問は二人の議員が異なる観点から質問しました。
    ★湿地保全の取り組みについて・・長久手市は湿地サミットの構成団体にもかかわらず2年連続して参加しなかった理由については「必須要件ではない」と。平成33年は長久手市の開催であるが前回同様200人規模の参加者で「二ノ池湿原」で開催予定。
    ★市内在住外国人について・・49か国841人在住。中国240名、韓国180名、アメリカ74名、フィリピン62名、ベトナム46名、他の方が在住。生活情報(医療・福祉)は4言語の多言語版で、ホームページは6言語に翻訳できる等。

    ※6名の議員のやりとり6時間を私の簡単なメモでお伝えしていますので不正確なこともあると思います。
     7月1日からインターネットの中継録画版が「市議会HP」でご覧いただけますので宜しくお願いします。
    美術展⑥

     5月末に一通の封筒が届きました。あ、指揮者の寺島康朗先生から・・何だろうと思いながら開封すると演奏会のチケットとお手紙が。(寺島康朗さんは長久手市出身です。ご両親は以前は市内でお酒の販売店をされており私も時々寄らせていただきました)
    ・豊田フィルハーモニー管弦楽団 第27回定期演奏会  指揮者:寺島康朗
     プログラムはベートーヴェン作曲 交響曲第6番「田園」
     え!先週私たちが演奏した曲なんだ~。他のアマチュアオーケストラの演奏への興味と共に、長久手フィルでも寺島先生に長久手市の「市制施行記念演奏会でベートーヴェン作曲 交響曲第九番 合唱付き」を指揮して頂き、それ以前にもお世話になってきたことが頭をめぐり豊田市コンサートホールへ出向きました。
     いつも名古屋市内を向いて生活しているので逆方向の豊田市へは機会がなければでかけることはありません。豊田市コンサートホールは来年6月の長久手フィルの演奏会場でもあります。文化の家が来年2月から大規模改修工事で利用できないのでどのようなホールなのか会場にも興味がありました。
     パイプオルガンがあるんだ!さすがにトヨタ自動車の本社がある市。立派なコンサートホールを建てれるんだな~と妙に感心してしまいました。
    【パイプオルガン付きの舞台です】
    豊田オケ⑤
     エレベーターで10階に上がった所がホールの入り口です。ここで長久手の知り合いに会いました。納得です。寺島先生が東京の音楽大学へ行くまで住んでいた家のご近所の皆さんでした。メンバーの中には先週私たちの演奏を聴きに来て下さった方もいて嬉しかったです。寺島先生が若いころは、長久手市(町)から東京の音楽大学へ進学することは珍しかったのでご近所の方々も先生の活躍をとても喜んでいらっしゃる様子でした。
    【満席の会場に圧倒されました】
    豊田オケ③
    【2階席から先生の指揮と演奏を聴きました】
    豊田オケ①

    豊田オケ②

     偶然同じプログラムでしたが演奏する立場と聴く立場とでは曲が違うように感じました。今日は余裕をもって、自分がヴァイオリンを引くときに苦しんだ箇所に耳を傾けました。先週は楽譜にくぎ付けになっていたので作曲者の曲に込めた気持ちを感じるゆとりはありませんでした。
       時には、選手交代もいいな~。
    【さて、来年6月は長久手フィルもこの会場で定期演奏会です】
    豊田オケ④

     6月議会が始まりました。会期は6/16~7/6までの21日間です。
    市長から契約案件と条例改正など9件の議案、教育委員と監査委員の同意案が2件提出されました。それぞれ3つの常任委員会に付託され、審議が行われます。7/6の最終日に討論採決が行われます。
     ところが「長湫北保育園移設新築工事請負契約」の議案のみ開会日(6/16)に委員会で審議して明日6/17の議案質疑の日に本会議で一足早く採決という日程になりました。
    理由は、区画整理事業によってできたばかりの緑地(芝生広場)を取り壊して建設するということが昨年わかり、近隣住民の緑地保全の運動により配置などを市は全面的に見直すことにしたからです。これによって開園時期も1年半変更されました。来年4月1日開園予定なので一刻もはやい工事説明会と着手が必要になりました。
    【昨年5月に示された図面です】
    北保育園③
    【3回の住民説明会での意見を取り入れて今議会に示されたパース図です】
    北保育園②

    北保育園①

     私の所属する教育福祉委員会で審議いたしました。
    ・木造2階建、建築延べ床面積443坪
    ・園舎、サロン、備蓄倉庫、屋外倉庫
    ・最大定員 0歳=18人、1歳児=32人、2歳児=36人、3歳児~5歳児各60人、
    計266人
     私は昨年の住民説明会で出された意見が十分反映されているか詳細にわたって質問・確認しました。
    ★緑地(芝生広場)を保育園用地として使用した場合、同じ面積を他で確保する必要があるが。
      答弁 は現在の北保育園跡地で750㎡の緑地を確保すると説明でした。
    ★地盤が弱いことについて→ボーリング調査の結果地下12mまで杭を打つ。2階建ての高さは
      8.9mなので建物の高さよりも3.1m深く杭が打たれます。
    ★2階は3歳未満児の保育室です。階段による避難は歩き始めた子供には無理ではないか。
     スライダー式の階段が望ましいということに対しては、垂直式救助袋(飛行機の脱出シューター
     のようなもの設置して対応る。
    ★保護者の送迎のアクセスルート→決まっていないが保護者会で話し合い、近隣住民に迷惑をか
      けないようにする。
    ★駐車場について→19台は保護者送迎用。職員は使用せず他の場所で確保していく。
    ★給食室があるが→基本は自園調理を考えていく。災害時を考慮しガスはプロパンガスにする。
    ★騒音について、ここは第一種低層住居専用地域で基準値は45デシベルであるが→計測し
     ていない。「騒音問題」を指摘された時に計測して対応する。
    ★2階の3歳未満児86名は保育士さんを20名配置することになる。対応は→大幅な増員が
      必要で現在既に募集している
    ★工事協定書について→7月3日の説明会を市と工事業者で行う。意見を聴いて子育て支援課が
      しっかりと対応していく。
    ★サロンは保育施設と無関係では。使用目的と運営者は→保育園お助け隊の拠点として使用。
      トイレ・ ミニキッチンを設置。運営の具体的イメージはない。
     
    以上のようなことが明らかになりました。今後は7月3日(日)の説明会での意見を踏まえて円滑に工事がおこなわれることを期待しています。
     なお、残された緑地は近隣住民と話し合いながら芝生の山の高さや保育園との境界の設計などを進めていく事が約束されています。
      (担当:建設部・緑の推進課 ☎0561(56)0552)

     6月22日公示7月10日投票の参議院選挙が近づきました。
    安保法に反対する議員を今度の参議院選挙で国会に送ろうという趣旨で集まった政党に所属しない市民が愛知県内を1台の街宣車で回っています。その中心をになっている方は古い知人です。今日は3時間長久手に街宣車がきますので私はさとうゆみ議員、上田大議員と都合をつけて街宣しました。
    【写真左から、中心的存在の知人、日進ママの会、私】安保街頭宣伝②JPG
    最近、集会で氏とよく会いますが黒かった髪が白く、それでもなお続けている信念に頭が下がります。
    3時間なので効率よく多くの方に訴えたいと事前に予定を組みました。一年前の市議選を思い出しながら計画をたてました。
    ★平和堂長久手店~郵便局交差点~市が洞ピアゴ交差点~、そしてアピタ長久手店で次に交代する日進グループと合流です。
    安保街頭宣伝④JPG

    安保街頭宣伝③

    アピタ前では多くの仲間が合流したのでチラシをまくこともできました。長久手市内は街宣車を置く場所がないので運転担当の上田議員が街宣車の番をしてくれたので私たちはマイクとのぼり旗を持ってすばやく行動することが出来ました。
    【アピタとアオキスーパー前です】
    安保街頭宣伝⑤JPG

    安保街頭宣伝①

     安保法を撤回して、憲法9条に基づいた平和国家の道をとりもどそうという運動ですから、議会でも会派の違う議員や隣町の市議さんとも、そして同じ考えの多くの仲間が連携して「愛知キャラバン街宣車」が連日動いています。
     私も一年ぶりにマイクを握り行きかう人々に話しかけました。何人もの知人が声をかけたり手を振ってくれました。部屋の中にいては世論をかえることはできない、やっぱり外に出て訴えることは大切だなと思いました。長久手は6月議会と参院選挙が同じ時期にあります。微妙な気持ちです。

     小出信也氏は元NHK交響楽団首席フルート奏者です。小出氏の妹さんと親交があるので今日は名古屋モーツアルト協会主催の「ペラント・デュオ コンサート」を聴きにいきました。会場は名古屋市伏見の電気文化会館ザ・コンサートホール。生活圏が長久手市内の私は名古屋市内へは用事がある時しかでかけません。この会館も久しぶり~と眺めながら、早めに着いたので一階のカフェで一息しました。
    名古屋モーツアルト協会②
    コンサートホールはこのビルの地下2階です。
    名古屋モーツアルト協会①
    珈琲を飲んでいると、外の席で高齢の男性が同じように珈琲を・・ビルを見上げながら、名古屋っておしゃれになってきたなと思いました。
    名古屋モーツアルト協会③JPG

     小出氏のフルートの音色は円熟していて耳に心地よく入ってきました。日頃アマチュアオーケストラでヴァイオリンを弾いているレベルの私は、「間違わないように:リズム、音程、弓のダウンアップ・・・」こんなことを気にしながら演奏しているのですが、彼はプロです。とっても安心して聴かせていただきました。
     演奏前に、「モーツアルト:ディベルトメントを、今日は第一ヴァイオリンの旋律をフルートで、ビオラをヴァイオリンで、チェロをビオラで演奏します」と小出氏から説明がありました。なるほど工夫しているんだなと思いながら、また頭の中でビオラの音をチェロに置き換えながら聴かせていただきました。

     たまには、大都会・名古屋でのコンサートを聴くのもいいな~。
    プログラムに挟まれている30枚ほどの演奏会のチラシも珍しいものばかりで、時間をつくって聴きたいな!と思ったものもいくつかありました。
    名古屋モーツアルト協会④
    この日プログラムに挟まれていたチラシです(多分20~30枚)。カラー印刷なので結構な重さです。
    過去に演奏した曲にどうしても目が向いてしまいますが、時にはプロの演奏を聴きたいといつも思っています。

    このページのトップヘ