2016年03月

    先週の火・水・木の三日間で一般質問が終わり、今日から平成28年度の予算特別委員会です。
    正副議長同席のもと8人の委員が一般会計の歳入歳出186億4千万円を審議します。
    特別会計8本合計113億8618万円は3つの常任委員会の所管審査にあわせて振り分けられます。

    今日は午前中に税務課から始まり4課、午後からは11課2室1局でした。主に市長部局、総務部、福祉部です。先週の一般質問との関係が深い予算のところにくると必然的に各議員ともに、とても深い審議になります。理由は簡単です。一般質問は60分という時間的な制約の下であらかじめ通告をしますので、答弁の中味に左右されがちで深い追及には少し限界があります。予算特別委員会はその場で関係資料の請求もできます。
    町会議員のころは議員全員が委員となり「予算委員会」として審議しました。現在は各会派から選出された委員8名によって構成されていますので他の議員はほとんどの議員が傍聴席で審議を見守って聴いています。国会の予算委員会の地方版といった委員会です。私も予算書を受け取ってから2週間かけて勉強し、はりきって臨みました。

    ところが体調が悪いのです。昨夜から咳と微熱のためマスクをして出席しました。意欲はあっても大きな声が出しにくいのです。傍聴していた仲間の議員から「今日は優しい令子さんだったね」と言われてしまいました。いつもと同じつもりだったのにな~と。

    予定通り15課2室1局の審議を終えた時は夕闇がおり午後7時になっていました。

    私の所属する「皐月盆栽愛好会」は長久手市文化協会に加盟しているサークルです。今日は一年に一度の総会です。会員は何と今年は10名になりました。紅一点の私に皆さん優しくしてくれます。総会は28年度の活動報告と27年度の会計報告を会長が致します。また、競技苗の剪定を各自おこない、さつきの写真集を見ながら愛好家のさつきの品評をしあいます。仲間の会員の手はごっついです。私は名前だけの会員そのものという手です。なぜこんな私を会員として受け入れてくれてるのか・・・多分、会費を納入すること、作品展に出席すること・・など会員の義務を果たしているから?
    さて、5月になるとさつきが美しく咲きます。この5月を当面の目標に今日も少し挟みを持ちました。
    写真は昨年の「春季作品展」の会場入り口の一枚です。(今年 5/22~24 福祉の家予定)
    皐盆栽

    北中学校は「第3回・・・」とあるようにピッカピカの中学校です。区画整理事業により人口が増えた長久手市にとって小中学校の建設、保育園の増設は急務でした。北中学校も人口急増地域に用地が確保できず、北隣の尾張旭市に隣接する調整区域内の田圃を用地買収して建設されました。
    斬新なデザインの建物で中庭は「これ、中学校?」と一瞬思うほど立派です。
    北中①
    中庭
    北中③
    天井はガラスです。明るくて雨天でも生徒たちは活動できます。

    脱線しましたが私も自分の娘の卒業式を思い出しました。それぞれが未来に向かって夢をもち希望を抱き学び舎を巣立っていく。母親としては思春期を迎えた娘に手を焼きながらもどのように成長していくのか楽しみでもありました。
    在校生と保護者、そして来賓で招かれた私たちは緊張して卒業生の入場を待ちました。
    写真の椅子に、大きな拍手で迎えられながら卒業生175名が着席します。
    北中②
    校長先生から全員に一人一人「卒業証書」が手渡されました。授与式、まさに式典です。生徒たちは担任の先生に氏名を呼ばれるとスッと椅子からたちひな壇へ向かって進みます。このような厳粛な空気を15歳の子供たちが作りだしている会場の雰囲気に私は目頭が熱くなってきました。大きくなったんだな!と。

    合唱は体育館一杯に美しく広がり感動しました。 仰げばとうとし  「道」  校歌
    みなさん、今日はおめでとうございます。そして来月には新一年生を迎えて時は流れてゆきますね。
    北中④
     

    昨夜遅い時間に電話が・・・CBCテレビからの取材依頼でした。「なにごとか?」と耳を傾けると何とお隣の政令指定都市「名古屋市議の報酬アップ」についての意見をきかせていただきたいというものでした。なぜ、長久手市議の私にという疑問に「愛知県下の市議報酬が最も低いなか、活動している様子を聞きたい」と。固辞しましたが日頃の市民運動でお世話になっているのでついに寄り切られてしまいました。それも取材時間が明朝の議会開会前の時間です。理由は明日名古屋市議会主要3会派が、5年前河村市長によって年800万円に引き下げられた報酬を1,455万円に引き上げる条例案の提出を決めるからということでした。
    市議報酬①
    人口約200万人の政令指定都市の議員報酬額については名古屋市民と議員の問題であり私にはあまり関心がないことでした。800万円か1,455万円か、アップするならば名古屋市民が納得するような説明をする責任が議員にはあると思います。
    市議報酬②
    写真は、夕方のCBCニュースの録画から掲載しております。
    今日は一般質問二日目、早朝からの自宅での取材を終えて議会へ急いで向かうと、午前9時15分からの議員打合せ会で、議長から「本日の市議会の模様をCBCテレビが撮影したいが・・」と意見を求め私も少し驚きました。開かれた議会ということで皆さんが了承しました。
    以下ニュースで放送されたところをご紹介します。
    市議報酬③
    私の事務所です。ちらかっていて少し恥ずかしい。しかし狭くて片づけようがないです。
    市議報酬➄
    議員は自分の信念で立候補するのであって、報酬の額で決めるわけではないと話しました。
    市議報酬④
    自分の収入の範囲内で活動し、生活していると・・。
    市議報酬⑦
    今日の午前9時半~の議場です。中島かずよ議員の一般質問に対して福祉部長が答弁しています。
    市議報酬⑥
    議員活動を輪ゴムに例えると、輪ゴムを大きく広げたように頑張ってしている人もいれば、一見そのままの輪ゴムのようにみえる方もいると思いますが「正解」という答えはみつからないと思います。たまたま私は取材に応じましたが皆さん「市民福祉の向上」を掲げて議会に送っていただいた仲間です。市民の代弁者という立場をいつも忘れずに活動していく、その先に議員報酬額もみえてくる・・なかなかうまく話をまとめることができません。

    今日から3日間一般質問です。第一日目は会派代表質問です。私は5会派の内、質問通告書を4番目に提出しましたので4番目です。一人当たりの持ち時間は60分です。午後2時過ぎからなので、いつも傍聴に来て下さる方々にお声掛けいたしました。傍聴者が見えると議場に緊張感が張り詰めて、質問者も答弁者も白熱して良い議論ができ、その中から成果もみえてくると思っているからです。今回も大勢の方々が議場と市役所内のテレビの前で傍聴してくださいました。ありがとうございます。
    本会議
    一人質問すると休憩が10分~15分はいりますので、事務局の課長補佐が市役所内のテレビで議会傍聴する人の為に休憩時間ですよ~と、お知らせするため、この写真の案内板を工夫をしてくださっていることを知りました。

    一般質問の内容は
    ①平成28年度施政方針について3点。
    ②土地改良区「前熊第一工区」解散について
    ③コンサルタントへの委託について
    ④次世代育成支援施策「赤ちゃん先生」プロジェクトの導入について

    ところが、④番目の質問の前に持ち時間が終わってしまいました。過去3回、時間が足りず最後の質問項目は再質問ができないことが続いたので気を付けていたのですが、ついつい①②③の質問が白熱してしまい今回は大失敗でした。この場をお借りしてお詫び申し上げます。「赤ちゃん先生」プロジェクトは次回にしようと考えてい
    ます。

    施政方針の質問では特に自治会連合会・区会への補助金と、まちづくり協議会(市が洞小校区と西小校区)への交付金の合計額が1,863万円にものぼるため、これらの事業が公益性のあるものなのか、または市が行うべき事業をまちづくり協議会に交付金として支出するのかを問いました。答弁は曖昧に終始しました。地方自治法232条の2項には、市長といえども全くの自由裁量行為で補助金や交付金を出すものではなく客観的な公益上の必要性を示さなければならないことになっていますが、このことに対して的確な答弁はありませんでした。

    二番目の「土地改良事業・前熊第一工区」解散支援については、解散を阻む原因である土地の境界に関して28年度予算で測量費を確保し測量は市が実施し、解散業務の一つである書類の作成への支援を28年度末への解散に向けて積極的に「やりきる!」と答弁を引き出せました。問題は書類作成をコンサルタントに委託すると300万円要するそうですが、市からはついに委託費への支援の回答はありません。土地改良事業は既に48年も経過して理事長さんたち役員さんは既に後期高齢者の方々ばかりです。こういうところにこそ予算を配分していただきたいと思いました。

    コンサルタントへの委託はについては、答弁にパンチがなくて言い訳的なものでした。この質問で明確になった
    ことは庁内で、コンサルタントに委託するのかしないのかという「基準」を作成してないということでした。市長は二期目の所信表明の中で「時間はかかるがこれからはコンサルタントに委託しないで市民主体で考えていく」と演説しています。いつ、有言実行してくれるのでしょうか。

    まだまだ、課題の残る一般質問となりました。

    そろそろ長久手市ホームページから入り「長久手市議会・ホームページ」で中継録画をご覧いただけると思います。

    参考までに通告書です。
    3月議会通告書①pg
    3月議会通告書②jpg

    このページのトップヘ