長久手市シルバー人材センターさんの「和・洋裁リフォーム」のお姉さまたちの魔法の手で、長年眠っていた布がブラウスになりました。「完成しましたよ~」という連絡を待ち望んでいました。これがその2枚のブラウスです。
 BlogPaint

 今春、シルバー人材センターの運営するお食事処「憩い」で昼食を頂くようになってリフォーム部の存在を知りました。早速古いジャケットを直して頂いたことがきっかけで、リフォーム以外にも洋服のオーダーが出来ることを知りました。そこで、姉からプレゼントされ長い間眠っていた布でブラウスを2着オーダーしました。
 採寸をして、原型の型紙を作り、柄に合わせてデザインもしてくれました。そして、仮縫いまでしてくださいました。昔は洋装店がありオーダーの洋服を作っていただきましたがいつの間にか閉店していました。普通の体型ではない人にとって洋服探しは大変です。

 出来上がって見ると、何と派手な布だったんだろうと!自分でも驚きました。折りたたんでしまっていたので全く気がつかなかったのです。しかし、とても素敵!柄に合わせてデザインも考えて下さいました。丁寧な手仕事の跡が見えて胸にグッときました。優しいお姉さまたちです。

 ((@_@))もっと驚いたことは仕立て代です。申し訳なくてお値段を公表できません。私の気持ちはもう秋・冬の布やジャケットの直しへと動き始めました。今まではパンパンの窮屈な洋服ばかりでした。こんなに身近に魔法の手を持ったお姉さまたちがいたなんて!
 長久手のシルバーさん、素敵。。。本当にありがとうございました。
 29年7月27日シルバー人材センター①
 【人にやさしい、環境にやさしい⇒和・洋裁リフォームのみなさまです】