先日、久しぶりに中部国際空港へ。気になっていた「ユニバーサルデザイン」の施設をスマホで写してきました。

◎3階出発ロビー中央に堂々と設置されているこれです!
 29年ユニバーサルデザイン
※ユニバーサルデザインとは
 障害の有無や年齢、性別、人種などにかかわらず、たくさんの人々が利用しやすいように製品やサービス、環境をデザインする。(平成14年閣議決定された「障害者基本計画」、または2006年に国連総会で採択された「障害者の権利に関する条約」より)

 この写真では、階段、エスカレーター、奥に2か所エレベーターがあります。階段にしようか、それともエスカレーターにしようか、多くの人々が、その時々で最も自分にとって良いと思う方法で3階と4階を行き来できます。

 私が、なぜこの空港の施設が気になっていたかと言うのは、本年3月29日から利用できるようになった、リニモ公園西駅に設置された「横断歩道橋にスロープがない階段」を市が設置したからです。昨年9月議会で「今からでも設計変更できる」方法を提案しましたが受け入れられませんでした。

(これがその横断歩道橋です・・奥の鉄筋は10月オープンのイケア)
 横断歩道橋完成②

 横断歩道橋完成⑥

 横断歩道橋完成⑩

  この横断歩道橋にはエレベーターがあります。しかしイケア側は11人乗りと狭くて、ベビーカーや自転車利用者は混雑時には利用しにくいのではと感じてしまいます。せっかくの新設した横断歩道橋、あと一歩の所で残念なデザインとなってしまいました。

 評価をするのはあくまで利用者ですね。利用者が「使いにくい」と感じた時に、何が原因で何が不足していたのか・・を確認し、できるだけ周辺環境も含めて改善していけるような柔軟な姿勢を設置者である市が持っていただけることを期待したいな!と思っています。
 ○●○●○●○●○  ○●○●○●○●○  ○●○●○●○●○  ○●○●○●○●○  ○●○●○●○●○