「モネの池」、昨年友達がフェイスブックで紹介し、偶然テレビでの放送も見ました。いつか行ってみたいな~、やっとそのチャンスがきました。
 カーナビを「岐阜県関市板取396番地」と設定し出発。お天気もよく気分はルンルン♫♪ 車の助手席の座り心地は最高~♪♫
 (4月28日のモネの池です)
 IMGP4669-2

 IMGP4675-2

 IMGP4673-2

 IMGP4676-2

 フランスを代表する印象派の画家「クロード・モネ」の代表作「睡蓮」にそっくりに見える池として一躍有名になりました。ウイークデーなのでフィーバーしていないだろうと予測していましたが、観光バスが次々と出入りしていました。一般の車もです。駐車場は午後3時前のせいか空いていました。
道中の風景も素晴らしい~桜は新緑に代わり目に爽やかな黄緑色です。
 29年モネの池6
 
モネの池も新緑に囲まれていました。
 IMGP4678-2
ここからの湧水も池に流れて・・。
 29年モネの池②
見ごろは5月~秋頃 少し早いのか睡蓮の花はみつかりません。 
 29年モネの池①
 見ごろのシーズンになると湧水の量も増えて透明度が増し、また睡蓮の花も咲いて正に絵画の世界になるだろうと思いました。しかし、近くの田圃や橋から見る板取川の景色も、モネの池に劣らず日本の春を360度のパノラマ写真のように映し出してくれました。

もうすぐ田植え・・
 29年モネの池③
近くの橋から見える板取川の絶景・・吸い込まれて川面に落ちそうになります。
 29年モネの池④

 29年モネの池⑦

 モネの池は東海環状自動車道「関広見IC」から40分ほどです。途中車が対向できないのではと思う箇所を走り、果たしてこの先に本当にあるのかしら?と思えるような道中でした。のどかな風景が広がった先に目指す池がありました。
 日本列島の真ん中、両側を小高い山々に囲まれた静かな所でした。きれいな空気、飲みたくなるような湧水、睡蓮の葉は太陽の光に微妙に反射してに変わり楽しませてくれました。
素敵な一日でした。 v( ̄∇ ̄)v