先週の金曜日に代表質問が終わり、27日(月)、28日(火)は計11名の議員が一般質問をしました。自分の質問が済むと気持ちがとても軽くなります。また、各議員が日頃どのような活動をしているのかが質問によってわかります。自分の知っていることや、気づかなかった市民生活のことなどを聞けるのは大きな楽しみでもあり、また勉強にもなります。
(長久手市議会・本会議場)
29年(議場)
 この議場の好きな所は後ろにある傍聴席にガラスなどの壁がなくて、質問が終わると傍聴してくれた知人と柵越しに直接話が出来ることです。
 どんなに調査して、準備して質問に臨んでも思うようにできません。60分という持ち時間が足りなくなって、肝心な詰めが出来なかったり、答弁を聞いてしっかりと再質問を展開できなかったり・・いつも反省ばかりです。何をどのようにしたいのか、という自分なりの「獲得目標」を考えて登壇するのですが・・難しいです。

 改選から2年目が過ぎようとし折り返し地点にきました。一緒に当選した議員も下調べをしっかりして的確に質問しています。30代、40代、50代、60代・・それぞれの生まれた時代感覚が質問から読み取れます。今議会は同じ問題を複数の議員が取り上げるということが目立ちましたが、それぞれ視点を変えて追及するなど、いいなって思いました。

2月27日(月)
・田崎あきひさ議員
・岡崎つよし議員
・ささせ順子議員
・吉田ひでき議員
・山田けんたろう議員
・山田かずひこ議員

 田崎議員の質問で、大型マンションが立地した下山交差点拡幅の問題は、私も2年前に取り上げました。現在用地買収中であり、拡幅範囲なども知っていましたが、複数の議員が質問するということは、それだけ市民の要請が強いことを意味するので行政側もスピード感を持って実施してくれるだろうと思いました。

2月28日(火)
・なかじま和代議員
・上田 大議員
・さとうゆみ議員
・林みすず議員
・加藤和男議員
 議会改革の一環として、「一般質問補足資料」を配布できるようになりました。私も補足資料を使いました。今議会では他に、田崎氏、佐野氏、山田けんたろう氏、中島さん、上田さんが補足資料を。視覚にも訴えることができて、今後活用する議員が増えると思いました。

(地下鉄藤ヶ丘駅に向かう「下山交差点」 今議会では田崎議員が、2年前には私も質問)
下山交差点