なぜか忙しい日々を過ごしていると、冷蔵庫に食料がなくなってきます。久しぶりに近所のスーパー「平和堂」へ買い物に出かけました。店内に入り本屋さんの前を通り、喫茶店、お花屋さん・・と、そしていよいよ買い物かごをと思いながら歩いていたら、大きな雛飾りがありました。
ひな人形(平和堂で)
 これは、近所に住むかたがスーパーに寄贈してくださったようです。議会に忙殺されていた毎日です。別世界にきたような気がしました。

 私は娘が誕生した時、親や親戚、友達からガラスケース入りのひな人形ばかりを6ついただきました。引っ越しの時の最も大きな荷物でした。
 初孫が誕生した時に全てを娘に渡しました。娘は喜んで受取り、そして娘のひな人形は孫の代に引き継がれました。大切に保存してきて良かった。35年前の雛人形のケースを箱から出した時の瞬間は今でも覚えています。すべてのお人形さんがケースの中で色鮮やかなまま過ごしてきてくれていました。ひな祭りの歌のオルゴールが鳴った時は更に感動しました。

 娘の家の玄関に先日、母が送ってくれたケース入りのひな人形が飾ってありました。私が何も言わなくても、娘は私の気持ちをわかってくれている・・自分の娘が母親役をしっかり頑張ってるな!っていうことが伝わってきてなんだか嬉しかったです(v( ̄∇ ̄)v)。