昨日2月24日、代表質問をしました。都議会のニュースでは「都民ファースト」。長久手市議会では都議会ほどの大きな問題ではありませんが「市民ファースト」になるといいな!と思っていることがあり、いつ取り上げようかずっと考えていましたので今回質問しました。
 持ち時間は1時間。午前9時30分から始まり4番目。出番は午後2時5分~です。
写真は職員が用意してくれた開始予定案内です。
29年2月23日質問前②
 休憩時間中(10分)なので座席でくつろいだり、控室でお茶を飲む議員・・など、それぞれです。私は資料を質問席に準備してグラスにお水まで注ぎ準備万端。写真は職員が撮ってくれました。
BlogPaint

市民ファースト施策①
Q 消費生活相談室が市民相談室に移転して、相談室が専用ではなく各種相談と使い回しになった。プライバシーの保護や、場所がわかりにくくなったことで相談者が減っているのではないか。
A  確かに消費生活相談は多いので優先的に部屋を使用できるようにしている。
Q 市民相談から切り離して独立した消費生活センターを設置できないか。
A  消費生活センター設置の条件も満たしているので検討していきたい。

市民ファースト施策②
Q 市役所には駐車場が5箇所にある。来庁者と共用が2か所あるが、保健センターなど庁舎に近い駐車場を、まずは来庁者専用にするべきではないか。共用駐車場では区画線も薄くなり駐車しづらい。車通勤の職員は駐車証を見えるところに置く、となっているが殆どの職員は置いてない。改善すべきである。
A 保健センターの駐車場は来庁者専用にできるか検討してみる。区画線は3月中下旬に引き直す。

市民ファースト施策③
Q 保育料の口座振替は保護者が銀行で口座の確認を受け、その後市役所(保育園)に提出することになっており2か所へ出向くことになり手間がかかる。他市では市役所に提出するだけで済み、また返信用封筒まで渡している。利便性をはかるべきではないか。
A 4月から、市役所か金融機関かどちらか一か所で済む取り扱いにする。

イオンオープンによる大渋滞を検証し、本年10月のイケアオープンに活かすべきでは。
Q  イオンオープンに伴う交通渋滞を状況など調査したのか。
A 調査していない。
Q ロイヤルホームセンター駐車場の内386台はイオンと共用である。こちらへの誘導は協議したのか。
A 今後、協議していく。(多くの市民はすぐ隣のロイヤルホームセンターの駐車場が一部イオンと共用であることを知らない。渋滞緩和策として知らせるべきである)
Q 渋滞状況をみて広域での宣伝を控えるよう協議してはどうか。
A 開店から当面の間は、新聞折り込みやテレビCMを控えるように指導してきた。ただテナントまでにはいきわたらなかったと思う。
Q イケア開店による渋滞緩和策としてリニモ利用促進が有効である。リニモ高齢者無料パスを発行できないか。
A リニモにはICカードマナカの導入で技術的には可能である。しかし多額のイニシャルコストがかかるので慎重な判断が必要。
Q モリコロパーク(万国博覧会を開催した県所有の大きな公園)のイベントと重なった時の渋滞緩和策としてモリコロパークの駐車料金の在り方を県と協議してはどうか。
A 愛知緑化フェアの時は市からお願いして土日の駐車料金を500円から800円にして、マイカーからリニモへの転換を図り効果があった。

 イオンが昨年12月にオープンして2か月。市内のメイン道路は大渋滞が発生して路線バスなどが2時間近くも送れるなど市民生活に大きな影響がでました。私も事前に調査に出向きました。買い物や映画にはリニモでいく。駐車場の開門時間を早くする・・など小さな工夫を積み重ねることにより、少しでも渋滞をへらすことができます。
 人口5万7千人の小さな市に、アピタ、イオン、イケアと3つも大規模商業施設が出店します。これらの商業施設と市民生活が末永く共存できるためには行政が「交通政策」をしっかりと責任を持って立てていくことの必要性を訴えました。市民目線で、本気で考えて頂けるよう頑張って質問しました。
(2月初旬日曜日の渋滞)
イオン㉓

イオン⑬