今日の議会本会議は昨日上程された議案に対する質疑です。30の議案は3つの委員会に付託されて審議されます。その為、自分の所属していない委員会で審議される議案に対して質問しました。
 10議案22点質問しました。説明資料や議案を読んだだけではわからなかった多くのことが明らかになりました。
公共下水道事業特別会計
 ・平成30年度から「地方公営企業会計」の一部適用という会計制度にかわります。その為H27年度1280万円、H28年度2070万円、H29年度1850万円を日本下水道事業団に委託して準備を進めています。29年度でしっかり準備してH30年度から公営企業会計になります。公会計制度により経営状況の的確な把握や経済性の発揮、各企業間での経営状況の比較ができます。また、下水処理場を含めた固定資産の把握も現在行っています。地方債という借金によって進められてきた下水道事業は地方債残が約60億円もあり、施設の老朽化、更新などで負債だけが増えないようにするために会計制度を企業会計にしていきます。厳しい時代に入ってきていることを感じました。
市営墓地(卯塚墓園事業)特別会計
 ・芝生墓所(100万円)が思うように販売できず、反面合葬式樹木墓所(1体=15万円)は301体と予定の4倍強の販売ができました。市営墓地の用地は坪33万円=12億円で南部区画整理組合から購入しました。市は永代使用料での収入だけで維持管理すると説明してきました。また、市営なので市民限定の販売という説明でしたが、どうやら不調な販売実績から市外の方々にも販売を検討するという答弁でした。地方債の返済は当面、私たちの税金=一般活計から支出されます。
市職員の給与に関する条例の一部改正案
 ・これは「直近の人事評価の結果を勤勉手当に反映する規定を追加」するものです。
 ・職員の能力と業績の評価をするのですが、部長の評価は→副市長、課長・次長は→部長、など上席のものが下席の職員の評価をします。しかし、上司に対する評価はされません。昇進・昇給に裁量が働き、好き嫌いという感情がでるのでは、また職員は絶えず上司に顔を見ながら仕事をしなければならない・・などの理由で私はこの条例案には疑問を持っています。

 まだまだ、沢山のことを質問しましたが市議会のHPに議会閉会後議事録となってアップされますので、是非お目通し下さいね。
 2月8日に議案が配布されてから、毎日、毎日目を通してきました。議会のある月は毎回体のどこかしらが不調になります。今回は胃にきました。食欲がなく、寝る前に空腹になり、ついつい食べてしまうのでなかなか治りません・・こんな話を休憩時間に中島議員と話したところ、彼女が甘酒を持ってきてくれました。こういう状態の胃に負担がなく体にとてもいいんですよ~と。
甘酒
とっても嬉しいです。これは米麹100%とお米で作った甘酒です。夜パソコンに向かってお腹が空いた時に食べました。何と、お砂糖を使用していないというのに、「甘い」のです。とっても美味しくて、そして中島議員の気持ちが嬉しくて胸が熱くなってしまいました。彼女も4人のお子さんを育てながら議員活動をしています。女性議員は私もそうでしたが子育てをしながらの活動です。男女共同参画社会といいながらも、子育てはどうしても女性の肩にかかります。お互いに気持ちが通じ合う面があるのかな!忙しい日々の中での癒しの交流でした。
 議会も始まったばかりですが、頑張りましょうね。ご馳走さまでした。