資料②
この写真は何かおわかりでしょうか?私も驚いたのですが今日、議会会派会議があり委員会室に入ったところ気が付きました。明日1月28日~2月4日までに長久手市に視察に来られる議員への「視察用配布資料」のセットです。合計5セットです。

KIMG1512
【日程】
1月28日 山口県光市議会   会派視察 (人口:52,577人 世帯数:23,166) 
                長野県小諸市議会 会派視察 (人口:43,301人 世帯数:18,494) 
1月29日 香川県三木町議会      (人口:27,835人 世帯数:11,120)
2月 2日 千葉県君津市議会 会派視察 (人口:87,477人 世帯数:38,422)
2月 4日 新潟県加茂市議会 会派視察 (人口:28,741人 世帯数:10,291)

なぜこの時期に集中しているのか。多分3月議会開会までに少し期間があるから?長久手市議会の議会運営委員会では視察をやめて2月1日に議員勉強会をします。内容は「ICT活用・タブレット端末利用して」ということでNTTビジネスソリューションズ(株)東海支店から説明を受けます。

または、住みよさランキング全国上位にここ数年あげられているから?・・など、話題にのぼっているからと推測したり・・。住みよさは多方面の指標の総合評価ですから見る視点によって違うと思います。また住みよさも、外から眺めるのと、実際にこのまちで生活して感じるのとでは違います。参考までに北陸地方は住みよさランキング上位の都市が多いです。理由は一人当たりの持ち家率、居住面積が広いから。逆に長久手市はマンションが多く、持ち家率は下位の方ですが、下水道普及率の高さと、一人当たりの大規模小売店舗面積が上位なので総合数値が高くなっていると説明がありました。

住みよさランキングの中味をよくみて、うわべの数字に惑わされることなくしっかりとした市政を運営してほしいと思います。

参考までに各市町の議員の行政視察の内容です。
〇光市議会・会派視察     幸せのものさしつくり
〇小諸市議会・会派視察    支え合いマップ
〇三木町議会・特別委員会  住みよさランキング、市民記者
〇君津市議会・会派視察    住民プロジェクト
〇加茂市議会・会派視察    住民プロジェクト、福祉の家