幼い頃の憧れの楽器ヴァイオリン♪ 学生になり大学オーケストラに入り始めました。先生について習った時期もありましたがほとんどアマチュアオケで楽しんできました。仕事をずっと現役で持っているので、職種により休団していた時もありますが・・未だ続けていられるのはオケの仲間たちの理解があるからと感謝しています。

    長久手市に文化の家が建設されて地元にオーケストラが設立されたときは本当に嬉しかったです。年に2回の文化の家森のホールでの定期演奏会には多くの知人・友人が足を運んでくれます。聴いて下さる人がいること、舞台にのれることが練習の励みになります。

    去る5月27日の第28回定期演奏会(会場:豊田市コンサートホール)は都合で休団していましたが、次回は出ます。
     楽譜も製本されて、練習開始です。↓
     30年6月7日
    ♫♬♫ 現在の生活サイクルを見直して練習時間を確保する必要があります。幸い、マンションなので戸を閉め切ればお隣さんから苦情はこないので、本当に恵まれています。
    ♫♬♫ yu-tubeで曲を聞きながら楽譜を追っていきますが2ndヴァイオリンなので管楽器の音や1stヴァイオリンの音に隠れてなかなか聞こえてきません。しかし、合奏なので曲想をつかみ自分のパートの役割を考えて練習します。

    来週から議会が始まるので、少しだけ練習して一般質問の通告をしたので論点を整理したり、関係する資料に目を通したり・・今日もあっという間に就寝時間は午前様になってしまいました。v( ̄∇ ̄)v

     6月定例会の一般質問通告をしました。提出はUSBメモリーに電子データとして入れたものと、1部を紙媒体で行います。
     30年6月6日
    持ち時間は60分。一問一答方式。3月定例会が終わってから3か月間に市民の方から頂いた問題を3項目にしぼって行うことに決めました。個人の方からの問題ですが、市行政と関係する重要な問題ばかりです。

    ①農地の無料使用について
     長久手市は50年ほどまえから土地改良事業を行い、市街化調整区域内に農業振興地域があり水田が広がっています。近年、高齢化により家族だけでは稲作ができずJAが出資している法人に「利用権設定同意書」をかわしてお願いしている家庭があります。ところが使用料が無償と有償があることがわかりました。
     なぜこのような不公平なことが起きているのか・・大変喜ばれていることなので、水田が休耕地にならないために質問します。
     30年5月22日③

    ②土砂採取の計画が瀬戸市の採土場に隣接する「旧前熊」地区であります。この辺りは山からの湧水で稲作などが行われています。井戸水も利用されています。
     土砂の採取後は埋立てることになっていますが、湧水が枯渇したら稲作や畑作ができません。このような自然破壊が想定されることは止めてほしいと思っています。地権者や計画地の半径300mに住む人々に説明会が2回開催されましたが多くの住民は納得していません。
     以前、長久手市では山を削り「産業廃棄物」が大量に埋められるという事件が発生しました。その後、市は「土砂等採取及び埋立て条例=通称:土取り条例」を作りましたが、条例をクリアーすれば土取りは出来ます。
     厳しい条例ですが、この条例を自然環境を守るように活かせないか質問します。
     (この地域の自然です・・湧水も豊かです)
     30年4月20日③

     30年4月20日㉒

     30年4月20日㉑

    ③いじめによる不登校について
     いじめが原因で不登校が何日も続いている子どもがいます。義務教育である学校にいけない子どもの将来を考えると心配でなりません。家庭、学校、地域社会が・・となりますが、教育を受ける権利が侵害されている子どもについて学校ではどのように対処できるのか、子どもが元気で幸せに義務教育を受けられることについて質問します。

     質問の順番は提出順です。6番目でした。ほとんどの議員が質問するので(16名~17名)、多分第1日目の最後かな。
    ◎6月19日(火) 午後4時半~5時半(おおよそ)

     議会は誰でも(市外の方でも)傍聴できます。是非、お越しくださいね。
     宜しくお願い致します。v( ̄∇ ̄)v 

     長久手北地区社協が行う「北っこひろば=火・金の児童クラブ」が6月5日から始まりました。私もボランティアとして登録しました。初日、エプロンを持って出かけました。
     BlogPaint
    ・北小校区は高層マンションによる急激な人口増で今年度の児童クラブ待機者は30人です。行政が行えない事業の狭間で困っている家庭のためにということで、北地区社協のメンバーが話し合い開設にこぎつけました。
     (実施場所の上川原集会所です)
     30年6月5日①

    場所:上川原集会所
     時間:午後3時~6時(火・金の週2日)
     利用料:月額1,000円
     対象者:北小学校1年生~6年生
     担当者:地域のボランティアさん

    社協さんからいつものCSWの方が2名来て、手際よく準備をしてくれました。私の住んでいる集会所で行うことになったので、役に立つことがあればという思いです。
    ◎あれれ・・・子どもたちが来ない。申込者がいなかったそうです。和室に遊び道具など並べて待ちましたがいつまでたっても子どもたちは来ません。
     30年6月5日②
    ついに午後5時が過ぎました。中心になって担ってくださる方を囲んで、これからの取組を話し合いました。

    ◎この事業の開催の難関は「場所」でした。集会所は単一自治会が管理しているので行政といえども自由に利用できません。自治会長さんはじめ役員が社協から説明を受けて「無料使用」⇒「覚書作成」という手続きに時間がかかりました。その為開始日の2週間前に待機児童の家庭に市から案内文書が発送されたと知りました。
    ◎北小学校を通して、この事業のチラシを配布していただくことに決まりました。
    ◎待っている間に、社協さんに申込みの電話が一本入った時は皆で喜びました。

    ボランティアさんは数名でしたが、初日のせいか立ち上げに関わってくれた方々が次々に立ち寄り12名にもなりました。待っている間、北小校区の様々な取組みが話題になりボランティアさんの「交流会」のような第1日目となりました。

     初めての取組みです。子どもが多すぎたらどうしよう~。孫の相手をするようでいいのかな~。不安もいっぱいありますがとにかく舟は港を出ました。3日後の8日(金)もお手伝いの予定をいれてあります。
     放課後一人ぼっちの小学生のみなさん、安心して来てくださいね。オセロも将棋もありますよ~💛💛💛

    このページのトップヘ