30年1月4日⑮
    🍓毎年行っている「後援会の日帰りバス旅行」は豊川稲荷への初詣といちご狩りです。この十数年間は毎年同じ内容です。以前は京都の伏見稲荷へ行きましたが1月のため名神高速道路関ケ原の辺りで大雪に見舞われて帰りが大幅に遅れた体験から変更しました。
     毎年同じコースでも必ず下見にいきます。参加者の皆さまが一年一年年齢を重ねるので募集状況から、車いすの手配や、食事場所のトイレの数、エレベーターまでの距離、バスの降車場所の確認、何といっても最もメインは「いちご狩り=1~2週間前からいちごハウスに他のお客様の入場を控ていただくお願い」です。

     今年もマルカ農園の会長さんが私たちの到着を待っていてくれました。
     30年1月4日⑧
     90歳になったそうですがとてもお元気です。今年は一緒にハウスへ行こうと言われて出かけました。会長さんは「僕はいちごを作っているがいちごが好きでない」といわれました。ハウスにはパートの職員さんたちが待っていてくれました。この日会長さんは4粒たべました。とても珍しい~とか。私たちも大きくて甘いイチゴに大満足しました。
    ・会長さんとハウスでいちごの試食。。。
     30年1月4日⑥
    🍓バスツアーで次に大切なのは昼食です。ここ数年はホテルでのバイキングです。
     ホテルはまだお正月の雰囲気が。。
     30年1月4日④
     料理長さんが覚えていて下さって「お子様にはお子さまランチ、お魚苦手な方お一人にはお肉を用意いたします」と話してくださった時は驚きました。バイキングですが最初の一品は特別に準備をお願いしているからです。
    ・一通りお皿に盛ってみました・・味もGood!
     BlogPaint
    ・チョコレートフォンデュもありました。。。
     30年1月4日⑨
    ・女性には甘いもの、フルーツが欠かせません~。
     30年1月4日③

     30年1月4日⑤

     30年1月4日⑦

    🍓渥美半島での買い物も楽しみの一つです。
     赤羽根港で水揚げされた「釜揚げシラス」はとっても美味しいです。
     30年1月4日⑪
    ・いつも立ち寄るお店にご挨拶しました。水槽に珍しい魚が。「ほうぼう」といい、触るとこのようにムナビレを広げて威嚇しました。一見「海の蝶」みたいです。 
     30年1月4日⑫
    ・道の駅のキャベツやブロッコリーなど季節の野菜も新鮮で嬉しいです。沿道からは一面のキャベツ畑が。
     30年1月4日⑭

    🍓 一時間に一度トイレ休憩を設けるので立ち寄る場所までの時間も行程通りか確認して、夕方帰ってきました。
     私は1月14日の当日は買い物があまり出来ないので、下見の日に楽しみます。
     トランクは、ねぎ、キャベツ、ブロッコリー、サラダエンドウ、みかん、セロリ―、シラス、ヤマサのちくわ、毎度のことですが一杯になってしまいました。半分は娘宅の台所にいきます。
     バス2台で90名、多くの友人・知人がお声掛けして下さって満席にしてくれます。本当に感謝に耐えません。明日からは座席表、ビンゴゲームの準備など楽しいツアーになるように支度をします。 v( ̄∇ ̄)v 

     昨日はご近所さんと「一品持ちより新年会」。一品はお料理だったりアルコール類であったり・・。メンバーはJazzの仲間たち。場所は長久手のダニー家。子どもたちは相手をみて日本語や英語を話すから凄い!Jazzボーカルのプリスカも家族で参加。ダニーは朝から料理を作っていたそうです。
    キッチンのダニー(鶏肉のごった煮、サワークリーム。。。)
     30年1月3日⑤
    室内の部屋はソファーだらけ、庭にもソファー・・雨でも防水スプレー済みなので構わないとか?
     30年1月3日④
    プリスカが来ると急ににぎやかに。彼女持参の南アフリカ産のワインは美味しい。プリスカは「ねえ、美味しいでしょ~」と、こちらが「美味しいよ」と言うまで何度も言う。
     30年1月3日①

     30年1月3日②

     30年1月3日③
    みんな、それぞれ懇親を深めていましたがついに友達と二人でiPhone BeautyPlusという自撮・編集アプリにはまってしまいました。自撮りした写真をアプリが自動でキレイに加工してくれます。変身後!
     BlogPaint

     私たちは次から次と自撮り写真を沢山加工して楽しみました。
     2018年、おめでとうございます~に加工。
     30年1月3日⑦
     今年は勉強しようね~。
     30年1月3日⑧
     こんな格好もしてみたいね~。
     30年1月3日⑩
     あらら~眼だけぱっちり出来るんだ~。痩せると眼が大きくなるよですって。
     30年1月3日⑪

     女性が集まると最近は女子力アップが話題に。BeautyPlusアプリで幅広く加工して楽しみましたがほんのお遊びです。

     日頃はステージに立つダニーとプリスカの家庭的な一面を拝見しました。お二人がお互いに支え合って子育てしてきた様子に、国際結婚カップルの強い絆を見ました。
    (部屋のいたるところに、お子さんの成長過程の写真が飾ってありました。。)
     30年1月3日⑥

      今年も、ライブ頑張ってね~。 (*´∇`*)

     何と今年のウイーンフィル・ニューイヤーコンサートの指揮者は「リッカルド・ムーティ」!
     30年1月2日⑥
     2009年の4月、初めてウイーン・スロベニアへ旅行した時のことを思い出します。私は4月1日にウイーンのインペリアルホテルと学友協会を挟む道でリッカルドムーティを見かけ、自分でもわからないまま変な英語で話しかけてサインを頂いたのです。ウイーンへの二人旅を企画してくれた友は「恥ずかしくて出来ないことを令子さんはできるんだ!」と驚いていました。(※友はその3か月後40代の若さで急逝)ムーティはイタリア出身、ウイーンはドイツ語、友はウイーンに留学経験があるので言葉はOKです。片言の英語で挨拶してサインを求めた変な日本人の私。。。ニューイヤーコンサートのテレビ中継を聴いていて当時のことが懐かしくよみがえってきました。
     (旅の日程・・二人だけの個人旅行です)
     30年1月2日⑬
     (リッカルドムーティ氏から頂いたサイン💛 ReikoがLeikoに)
     
    30年1月2日⑪
     (旅のメモにその時のことが書いてありました!)
     BlogPaint
    (初めてのウイーン「カフェ・ラントマン=コーヒー」、ベルデべーレ宮殿の近くのレストランで昼食)
     30年1月2日⑫

    この後2回ウイーンへ個人旅行ができたのも、この時の友との旅行のお蔭です。フィンランド航空で名古屋からヘルシンキ空港へ、ここでEUに入国してウイーンへ入ります。トラム沿線のホテルに一週間滞在して昼間は観光、夜はコンサートを聴くという、私にとってはとても魅力的な旅です。日本で手続きすることは2つ、往復の航空券と滞在ホテルの予約のみ。小さなまちウイーンは地図と強い足があればトラムと電車が縦横無尽に走っているので簡単に外出できます。

    リッカルドムーティは現在76歳。サインしてくださった時は若かったんですね。比較的小柄でしたがテレビでは大きく堂々と見えました。ウイーンフィルの演奏が安定して聞こえたのも今回で5回目という実力なのか、オーケストラも指揮者も超一流ですね。そういえば、この学友協会大ホールでの演奏会にも何回か足を運んだことを思い出しました!座った席も覚えています。
     30年1月2日⑤

     30年1月2日②

     30年1月2日①

     30年1月2日⑦

    テレビ中継の最後の曲=ラデッキ―行進曲のときは、ウイーンへ連れて行ってくれた、今は亡き友との思い出が次々に溢れ出て涙が止まりません。行進曲に合わせた会場の拍手が9年前の彼女との旅の日々を一層思い出させ若くして旅立った友の顔が浮かんできました。
     30年1月2日⑨

     中学生時代に経験したリード合奏ではアコーディオンを弾き、高校でギター教室に通いギター同好会を立ち上げました。こんな感じでクラシック音楽が好きになり学生時代にヴァイオリンを習い始めてオーケストラに入団。人生の隣にいつも歌や音楽がある~としみじみテレビ中継を聴きました。
     天国に召された大島千佳さん、ありがとう。💛💛 今でも覚えているよ!

    このページのトップヘ