統一自治体選挙の後半戦の告示日。8時30分抽選で公営掲示板の番号が決まりました。11番。4組8人の支援者が約2時間弱で88か所にポスターを貼ってくれました。出発式は掲示板にポスターを貼ってくれた方にも参加して頂けるように11時~と決めました。
     大島俊三後援会長が挨拶をし、続けてマンション管理組合の理事長さん、支援者代表、来賓は近藤昭一衆院議員の奥様から激励の言葉を頂き、娘(前尾張旭市議)がかけつけてきて市長選のお礼と私へのお願いを述べて、私の決意表明。わずか30分でしたがそれぞれの方から必勝に向けて暖かく力強いメッセージを頂き街宣に出発しました。

    マンション前の公道には約50人ほどの方が出発式に参列してくれました。皆さんに大きく手を振って出発できました。ウグイスさんは4年前の友達です。彼女たちのお嬢さんも4年前は小学生。今回は中学生になり、お母さんと一緒に見送ってくれました。(嬉しい!)
     31年4月14日②
    掲示板の番号はたいてい午前8時30から抽選なのですぐに連絡が入ると思いましたが今回は遅い、どうしたのかなと思いながら、事務所マンションの看板の白布を外し、街宣車を横付けして準備をしました。
     31年4月14日③
    定員18人ですが事前報道では19人と言われていましたから少数激戦を覚悟して選挙戦をスタートしました。
     あ、お一人だけポスターが貼られていない。しかし、午後には18人のポスターが・・。
     31年4月14日①
    初日は、市内全域を街宣して回る予定を組みました。昨夜書いた原稿は長すぎてあまり役に立ちそうもなく、信号待ちの時に訴えました。

    立候補したことを多くの方にお伝えしたい~と自分でマイクを握り市内全域を走りました。
     ところが、5時に立候補が締め切られ選挙管理委員会から「無投票が確定しました」という電話です。

     チラシ4,000枚に貼る証紙は夕方までにはご近所の皆さんで全て貼り終えました。明日、新聞折り込み店に持ち込むことができます。推薦ハガキも2,000枚に手が届き最後のダブりチェック・・「無投票確定」という言葉に事務所一同驚きを隠せません。私は、突然みぞおちが痛くなり理解ができません。選管からは全ての選挙活動、政治活動はできませんと言われました。

     この時点で全てがストップしました。前代未聞です。少し落ち着いてから明日以降のボランティアさんに無投票確定を連絡。出鼻をくじかれたような感じで残念な思いが一気に事務所を包み込みました。夕方までに証紙を貼り終えたチラシ。あて名が書かれた推薦ハガキの山。何?無投票ってどうして?

     ついに「当選万歳!」もなく、明日から選挙ができないことの対応におわれました。この4年間の自分自身の活動が票に託される楽しみ、残念で複雑な気持ちでついに涙があふれ出てきました。今までと同じように覚悟を決めて毎回選挙に臨んできました。今回も同じです。リセットです。新たなスタートへのけじめができません。

    電話をくださった選管の職員に質問しました。
    Q:無投票ってどのようなお気持ちですか。おしえてください。
    A:残念です。予想外です。なぜ無投票に?といわれても・・。

    ちまたでは、議員報酬だけでは生活ができない。特に長久手市は県下で最少額ということで以前にマスコミの取材を受けました。
      市議報酬➄

     市議報酬④

     市議報酬⑥
      その夜なぜ無投票になったのか考えてみました。報酬だけでは生活できないからだろうか?
    ①それもありかなと思いましたが、今の政治が良くない。小選挙区比例代表制は2大政党政権の交代により国民のための政治がおこなわれる→というお題目でしたが政権交代は1度だけで、1党独裁政権の下で強権的な政治が続いている。国民、市民は政治で社会や経済、生活を変えられると思えなくなってきた。政治に裏切られ続けた結果期待していないから低投票率や参加意識が希薄に・・。
    ②今期の議員は良く頑張っている。市長提案の議案に「付帯決議」を付したり、総合計画では賛成9、反対7など議員がしっかりと勉強している・・これでは勝ち目はない??。

     ①なのか②なのか答えはわかりません。全国的な傾向で済まされる問題ではないと思います。新しく仲間入りする4人の新議員の方々とコミュニケーションをとりながら、議会としても無投票になったことをしっかり分析する必要性を強く思いました。

     それにしても、戦わずして当選が決まる選挙って何だろう。久しぶりに市議会に復帰した4年前、休みなく活動してきた毎日の通信簿が頂けない改選に対し、複雑な気持ちで一日が終わりました。川 ̄_ゝ ̄)ノ 

     午後からご近所さん、支援者の方が来てくださってマンション1階の部屋を選挙事務所に変えてくれました。
    とりあえず使用しない資料などは段ボール箱に詰めてベランダへ搬出。体をくねらせて通っていた机と壁の間がすんなりと通れるようになりました。良かった!ここでワイワイ、ガヤガヤ、打合せ。立候補手続き、ポスター貼りの確認、チラシへの証紙はりの分担、出発式の挨拶の順番・・。多くの人の手が必要です。なんとか見通しがつきました。

    街宣車に積み込むもの、その他にも「選挙活動」として出来る限りのことをしようねと話し合いました。約1っか月の事前準備期間でしたが、皆さんのご協力のお蔭で明日は無事にスタートできそうです。
    ・タスキは4年前のものが使用できます。
     31年4月13日②
    明日は、午前から雨模様・・雨合羽と傘も購入しました。
     BlogPaint
    38歳で長久手町議会議員に初当選し、自分、知人の選挙に携わってきました。いつも変わらず応援してくれるご近所さん、友人は本当にありがたいものです。予定よりも早く終わり解散しました。

     今夜は早く休めるかな~と思いましたが忘れていました。ウグイス・カラスさん用のマイク原稿書きです。なぜか不思議なことにスラスラとキーボードが打てました。自分が一生懸命行ってきた4年間の活動だからかな?困ったことに、思いが沢山ありすぎて長~くなってしまいました。

     結局、いつもと同じ深夜に終わりました。それでも、明日立候補できると思うと就寝時間が遅くなっても胸がワクワクしてきます。ご協力頂いた皆さまや、同じマンションに住んでいる皆様のご理解に、いつものことですが心から感謝しています。
     さてっ!ガンバルぞ!

     娘(前尾張旭市議)は4月14日告示、21日投票の市議選に出馬しません。2月の市長選で善戦しましたが惜敗でした。直後から多くの方々に市議選で頑張ってね・・と言われてきました。しかし、娘は市議選出馬はしない覚悟で市長選に臨んでいたようで、迷うことなく私に不出馬と話してくれました。4月からは面接をした会社に合格して勤め始めました。

    そのため、今回は娘の街宣カーの看板を私の名前に差し替えて使用します。毎回、自分の車を業者に持ち込み数日後に受け取りにいきます。今回は2時間ほど工場で待ち、すぐに乗って帰ってくることができました。
     31年4月11日②

     BlogPaint
    ・娘は、15年使用した初代のひまわり号から2代目のひまわり号にしたので車の機能もグレードアップ。傷をつけたら悪いな~と思ってしまいます。保険も年齢制限を解除して準備万端です。

    当日のポスター貼りの協力者も8人となり4組で市内88か所を担当。天気予報は曇ですが雨天も想定して全面シールのポスターなので画鋲も準備、はがしたシールを入れるゴミ袋も用意しました。
     BlogPaint

     告示後には宣伝カーでの街宣、ポスター、選挙公報、チラシ(4,000枚)、推薦ハガキ(2,000枚)で選挙活動ができます。今は推薦ハガキに取り組んでいます。2,000枚の手書きは一人で書いていたら選挙が終わってしまいます。知人、友人にあて名書きをお願いしたり、パソコン用プリンターで印刷したり次から次へと仕事があります。

    土曜日には皆で事務所づくりをして14日の告示を待ちます。毎日、寝ることが唯一の幸せな時間。
     多くの支援者のご協力で立候補に向けた準備もなんとか見通しがついてきました。私の選挙は雪ダルマみたいだねっていつも言われます。選挙が近くなると人が自然に集まってきてくれます。その様子が雪ダルマを作る過程に似ているらしいです。
     手伝ってくださる方、お一人お一人に感謝しながら過ごす毎日です。v( ̄∇ ̄)v

    このページのトップヘ