20代後半に、死刑囚でありながら「冤罪」であることを訴えていた「赤堀政夫」さんを救援していた大野萌子さんと出会ました。このことが大きなきっかけになり、以来「死刑制度廃止」の市民グループの一員として活動しています。「赤堀政夫」さんは再審が開始されて1989年1月31日に34年8ヵ月ぶりに釈放されました。あれからもう27年です。赤堀さんは現在名古屋市で晩年をすごしています。
    (27年前の新聞です。静岡地裁前にかけつけて34年ぶりに解放された赤堀さんの第一声を多くの仲間たちと一緒に聞きました)

    赤堀政夫無罪jpg

     死刑制度廃止は「国家が死刑囚といえども生きている人の命を奪う制度」でありながら、命をどのように考えるのかという根本的な議論には進みません。多くの人々は被害者遺族の心情に寄り添って考えます。
     さて、今年も10月10日の死刑廃止デーに向けて「死刑廃止フォーラムinなごや」でも集会を企画しました。
    (死刑廃止デー企画のチラシです)
    img001
     
     今回は、平岡秀夫元法務大臣をお招きして、講演と映画「望むのは死刑ですか」上映、意見交換という内容で行う事を決めました。今日は昼間は市議会決算委員会を傍聴し、夕方から「死刑廃止フォーラムinなごや」の例会参加で名古屋市内に出かけました。
     当日の運営、会場を満席にするための作業(チラシの発送)、マスコミ対応等々、集会を成功させるためにあらゆることを皆で考えて行いました。もっぱら会が直面していることは「資金を持たない市民団体」ということです。赤字になったら皆で負担しようね・・ということで合意しています。

     例会の会場近くの歩道橋がいつも目に飛び込んできます。リニモ公園西駅に設置される歩道橋は高さが9mのためエレベーターがつきます。しかし、階段にはスロープがありません。ここの歩道橋はいつも利用しますがスロープがあるため階段の傾斜も緩やかで利用しやすいです。古くて年季が入っていますが私はここの歩道橋が気に入っています。
    公園西駅⑦

     午前9時15分 議員全員が控室に集合→議会運営委員会委員長から、本日の日程の報告
      〃 9時30分~  一般質問開始

    今日は5人の議員が質問しました。
    〇林 みすず 議員
     ・国民健康保険の都道府県化について
     ・小中学校の教室にエアコンの設置を
     ・義務教育の無償化で貧困対策と子育て世代の負担軽減を
    〇なかじま 和代 議員
     ・植物のもつ自然毒について
     (質問資料が提出されて、具体的にわかりました)
    一般質問9月7日
     ・長久手田園バレー基本計画について
     ・公園整備・児童遊園整備について
     ・子育て支援について
     ・市内在住職員の待遇について
    〇さとう ゆみ 議員
     ・保育園は生後2ヶ月から入園できるようにすべきではないか
     ・小中学校の教室にエアコンの設置を
     ・高齢者が暮らしやすいまちへ
    〇上田 大 議員
     ・東京オリンピック・パラリンピックにおける「ホストタウン」について
      (答弁)ベルギー王国に打診したがリオ・パラリンピック後に報告があるそうです。またホストタウンについては、長久手市は合宿施設はないけれど、選手や関係者との交流は可能であり、その費用の半額は国からの交付税があるということがわかりました。
     ・市役所機能等を備えた複合施設について
      (答弁)現在の人口に対して庁舎は2,000㎡不足している。12月までには職員による二つのプロジェクトチームにより構想を取りまとめる。
    〇加藤 和男 議員
     ・防災について
     ・高齢者福祉について
     ・観光交流について

     3日間を通して、全議員が質問しました。特に気が付いたことは、小中学校の教室へエアコンの設置をすべきではないか、市役所庁舎の新築問題、高齢者がすみやすいまちづくり、子育て支援策、これらは複数の議員がそれぞれの観点から取り上げました。
     議員全員が「いいことだね、必要だね」と思っても、トップダウンで直ぐに実施出来ないところが行政の手続きの不可解なところだと思いました。

    ※9月16日頃から「市議会ホームページ」よりインターネットで中継録画でみることができます。
    残念ながらスマートホンからは見れない事を先日知りました。予算がつけば可能らしいです。

     昨日の会派代表質問では説明資料を佐野尚人議員も提出してわかりやすく説明されました。
    (佐野尚人議員の資料です)デジタルサイネージの導入が豊明市役所で行われていることが良く分かりました。
    一般質問9月5日②

    今日は次の方々です。
    〇吉田 ひでき 議員
     ・自殺予防対策等の施策について
     ・市の平和行政について
     ・高齢者施策について 
    〇田崎 あきひさ 議員
     ・給付型奨学金制度等について
     ・育休退園解消への対応について
     ・N―バス全般について
     ・公共施設内での財産紛失について
    〇山田 けんたろう 議員
     ・長久手市の道路交通と交通安全について
     (説明資料です・・交通量が多くてカラー舗装がはげています。答弁は舗装をやり直す!)
    一般質問9月6日
     ・塵芥収集車(ごみ収集車)を利用した注意喚起について
     ・障がい者の生活支援について
     ・古戦場再整備基本計画策定について
    〇ささせ 順子 議員
     ・子育て支援について
     ・中央図書館のサービス向上について
     ・不登校児童の支援について
    〇山田 かずひこ 議員
     ・循環型社会づくり
     ・飼い主のいない猫対策について
    〇岡崎 つよし 議員
     ・長湫南部地区の調整池について
     ・保育料・給食費の納入方法について
     岡崎議員の質問で「小中学校の給食費等の振り込みはJAあいち尾東だけが指定振込機関であるのはなぜか」という質問はとても良かったです。
     実は、この質問は二十数年前に私も同様の主旨でおこなっていました。え、現在もJAあいち尾東だけ?と驚きました。地方自治体の指定金融機関になる条件は当時の記憶ではその自治体内に「支店」があることでした。長久手町は東海銀行(現・三菱東京UFJ)が支店がないために議会で議決をして指定金融機関としていました。
    私は支店のある他の地方銀行でもよいのではと質問しましたが、給与等の振り込みを利用している町民が7割ほどいるから。また国・県も東海銀行であり交付金を受け取るために良い・・という理由で出張所しか設置していない都市銀行を指定していました。
     ところが、給食費はなぜかJAだけです。転入者はほとんどJAに口座を開設していません。そのため口座をわざわざ開設しても一年分の給食費を自分の口座に入金しているという人もいました。働いている人は午後3時に窓口が閉まるのでまとめて一年分を入金するのです。会社を早退して入金にいくという人もいました。そして私の質問の打開策として「アオキスーパー」の敷地内にJAはATM機を設置しました。仕事が終わってからでもATMを利用して入金できるからです。当時は、JAのみが口座引振替料金を無料にしていたので、役所もこれを理由に保護者の利便性を考えませんでした。執行部からは岡崎議員の理論整然とした追及に対して、改善せざるを得ない気配を感じました。
     岡崎議員の質問で二十数年前のことが未だ続いていることに、私は呆れてしまいました。まだまだ不思議なことが沢山出てきそうな長久手市だな、と、今日の質問を聞いていてつくづく感じました。

    このページのトップヘ